お知らせ|医学部予備校ナビ

医学部予備校の合格実績 医学部予備校の合格実績

自己学習力を身につけるニュートン式学習法が、医学部合格へと導く

高い大学合格実績を誇る『修慶塾』が、医学部現役合格のための受験予備校『医学部修慶塾』を開校しています。

ただ闇雲に問題と向き合うのでなく、どうすれば点数を伸ばす効果的な勉強ができるのか、ひいては現役合格を目指すことができるのか……。そのノウハウを、理事長の濱田先生と運営責任者の柳原先生にうかがってきました。合格の鍵は、徹底した学習管理にあるようです。

少人数制とアウトプットで完璧なコップを作る

修慶塾 運営責任者 柳原大輝先生

――『医学部修慶塾』の特徴を教えてください。

柳原先生:「少人数制を採用し、徹底した学習管理を行っていることが特徴のひとつです。当然のことながら苦手科目や苦手とする理由は生徒ごとに異なるので、ピンポイントに的確なアドバイスをするには、少人数制が絶対条件なんです。ですから、定員に達した場合には入塾をお断りしています。」

――集団での授業と個別授業があるということですが。

柳原先生:「両方の授業を、1対1の割合で行っています。」

――集団授業は、どのような内容ですか?

濱田先生:「集団授業と言っても、他塾のように講師の説明や解説を生徒がひたすら聞くようなものでなく、生徒自身がアウトプットする機会の多い授業です。生徒が生徒をコーチングするようなイメージですね。自分で解けた問題を今度は人に教えることで、より理解が深まっていくんです。合格実績の高い講師は、生徒がわからない問題を解けるように、コップの穴をふさぐように教えることはできます。しかし本来的に言えば、コップの穴をふさぐのでなくコップ自体を完璧なものにしないと、またすぐどこかに穴があいてしまいます。ですから人にアウトプットしながら完璧なコップを作り、講師が合格させるのでなく、自分自身の力で合格できるようにする。これが当塾の集団授業です。」

――では、個別授業ではどのようなことを行うのですか?

柳原先生:「何につまずいているかは個別でないとわからないので、集団授業の中で引っかかってしまった部分を、個別授業で対応するようにしています。」

みるみる点数が伸びる、ニュートン式学習法

修慶塾 理事長 濱田研二先生

――『修慶塾』ではニュートン式学習法が合格の鍵を握っているとうかがいました。これはどのような学習法ですか?

柳原先生:「一言で言うと、『学び方から教える』ということです。これは学習塾での教育に50年以上携わっておられる村山愨先生が発表された考え方で、当塾でも採用させていただいています。ノートの取り方、ものの調べ方、復習の仕方など、自己学習力を高めるための方法を教えたら、あとは自分でどんどん学びを進めていく。これがニュートン式学習法です。」

――先生がいなくても、自分で勉強を進められるということですか?

柳原先生:「そうですね。ですから一見すると、予備校で学んでいるというより、自習をしているようにも見えると思います。この学習法を身につけた生徒は、自分自身で目標を立て、カリキュラムを組むことができるようになります。入塾したらまずは、実際の受験勉強に取り組む前にこの学習法を1ヶ月程度で教え体得していきます。」

――ニュートン式学習法で、実際にどのような成果が出ていますか?

柳原先生:「入塾当初は数学のテストで20点くらいしかとれなかった生徒が、1ヶ月後の定期テストで90点台をとれるほどになりました。最初は1時間も机に向かっていられないような状態でしたが、最後には毎日6時間、自分で勉強を進めていましたね。その生徒は、無事に志望する大学に合格することができました。」

――この学習法を身につけた生徒に、講師の方はどのようなアプローチをされているのですか?

柳原先生:「個別授業の際に、学びの方向性の確認をしています。当塾で使用するのは市販のテキストですから、生徒の進度や理解度を見ながら、本当にそのテキストがその生徒にあっているかなどを、日々チェックしています。また、生徒ごとの弱点も個別授業で見極めるようにしています。生物が苦手で、高校3年の夏に30点台だった生徒が、センター試験で9割弱とれるようにもなりました。」

生徒と保護者を徹底サポート

――『医学部修慶塾』には奨学金制度もあるということですが、これはどういうものですか?

柳原先生:「医療法人錦秀会グループと提携した奨学金制度です。当塾の生徒で、かつ錦秀会の面接に合格しさえすれば、無利子で最大3,000万円までの奨学金を受けることができます。大学卒業後に錦秀会グループの病院に就職すれば、一部返済免除となる仕組みもあります。もちろんこれは強制ではないので、他の病院を選択することも可能です。」

――なぜこのような制度があるのでしょう?

柳原先生:「医師が不足している現状で、少しでも優秀な……優秀というのは勉強ができるだけではなく、患者さんとのコミュニケーションなど、人間的な面でも優れた医師を採用したいという想いが医療現場にあるということだと思います。そのために学費等がネックになるなら、その不安を取り除いてあげたいという気持ちの表れが、この奨学金制度です。」

――他に、医学部を目指す生徒と保護者に、どのようなサポートをされていますか?

柳原先生:「生徒には個別授業の時間を使って、メンタル面などのサポートを行っています。また必要に応じて、保護者の方と密に連絡を取り合って、進学へのさまざまな不安を解消できるようにしています。」

――最後に、医学部を目指す生徒と保護者の方に、メッセージをお願いします。

濱田先生:「受験するからには、1年でやりきってほしいと思います。絶対に1年で合格すると決めて、そこから逆算して何をするかを考えていくことが大切です。当塾でも、徹底してそのためのサポートをしていきます。また保護者の方には何よりも、この子ならできる!と、お子さんを信じてほしいと思います。ピグマリオン効果として語られるように、期待を受けた子どもはそうでない子どもに比べて格段に成績が伸びます。『大丈夫、できる』と願うことが、必ずやいい結果につながります。」


本日はありがとうございました。

PICK
UP!

メディカルスクール修慶塾

メディカルスクール修慶塾は1クラス10名の少人数制。生徒さん一人ひとりを細かく対応し「自己学習力」を身に付けます。

メディカルスクール修慶塾
  • 偏差値下位からの合格実績が豊富
  • 個別指導コース・少人数指導コースどちらもあり
  • 少人数クラス制
  • 月謝制
  • 個別自習室あり
  • 映像授業あり
  • ...他

学部

  • 医学部

コース

    医学部予備校を探す方はこちら

    サポート対象
    形態
    特徴

    関連の記事

    取材記事の新着記事