お知らせ|医学部予備校ナビ

医学部予備校FAQ 医学部予備校FAQ

医学部受験においてポイントとなる科目は英語だと聞きました。それは何故ですか?

  •  

    英語は成績を上げるのに一定時間を必要とする科目です。他教科が重要性において劣るわけではありません。医学部受験ですので弱点科目などあってはいけないのですが、英語は成績を上げるのに他教科よりかなり時間がかかってしまいますので、放置していると取り返しの付かないことになるでしょう。

  •  

    多くの大学が、英語をより重視するようになっています。長文読解の比重が高まり、大学によってはほぼすべて長文問題というところもあります。問題量がかなり多いので、解ける問題で確実に得点できるかがカギになります。長文問題では読解のスピードと精度が重要なので、「早く正確に読む」訓練が必要です。一部の大学では外部試験を導入し始めているように、今後は「読む・書く」の2技能から、「聞く・話す」を加えた4技能を求める実用英語重視の傾向が強まっていくと思われます。

  •  

    英語は安定して点数が取れる科目です。”単語テスト”というと嫌がる生徒さんも多いですが、まずは毎回の単語テストをしっかりと勉強していくことが点数につながります。そして、文法・解釈を授業で固めていけば、安定して点数を取れるようになります。医学部受験では1点の差で合否が分かれるため、英語で安定して点数が取れるようになってほしいと思います。横浜予備校では、毎日単語テストを行っています。

  •  

    英語が苦手な生徒は中学レベルからつまづいていることが多く、他の科目に比べて問題集と同じような問題が出る可能性が低く、成績を上げるのにより時間がかかり、特に私立医学部だと英語が難しく、配点が高いので合否に直結します。

  •  

    他の教科に比べ難易度や傾向に抑揚が少なく、かつ出題されるポイントもある程度決まっているためです。言い換えると英語は、しっかり対策をした場合に本番で裏切りにくい科目といえます。入試に精通した講師の指導に基づいてインプットとアウトプットをバランスよく重ねれば、本番では相当の安心材料となります。当然配点も高く、英語力の安定化は医学部合格において必須条件といえます。

  •  

    配点が他科目に比べて高い大学があるからです。
    また、ある程度のレベルまで伸びれば数学や物理と比べて安定して得点できる科目という理由もあります。
    とは言うものの、英語は一朝一夕で出来るようにはなりません。日頃から単語やイディオムを覚え、文法を固め、長文は速く正確に読めるようバランス良くトレーニングを積む事が大切です。

  •  

    医学部受験において英語が特に重要という認識は我々にはありません。学科だけではなく小論文、面接も全てにおいて重要です。ただ一般論にはなりますが、英語が苦手であれば他の科目と比べて合格レベルに持っていくのは時間がかかると言われることがあります。これが質問に対する答えになるかもしれません。語学のセンスは個人差が大きく3〜4ヶ国語平気で習得する生徒もいますが、多くは母国語以外の言語獲得に苦労します。PMDでは基本的に生成文法に沿った教授方法を確立しています。また聞く、話すなども理論的に対応しています。英語がなかなか伸びないという方はご相談下さい。またどうしても英語が苦手なままという方は、PMDのホームページにある医学部の科目ごとの偏差値表をご覧下さい。受験校を決める参考になります。

  •  

    どこの大学も英語に関しては配点が高く設定されているケースが多いのが一番です。

  • 数学や理科などの理系の科目では、個別指導員の充実を図れば、みんなの成績は上がってきます。
    しかし、英語は、先生のレベルがよくても成績と必ずしも連動しません。
    初期段階でのインプットが必要で、英単語や英熟語や英語構文を徹底して覚えるシステムがなくてはなりません。
    その点で、記憶術の第一人者の塾長・白石先生執筆の英語教材が大きな武器になります。英単語7,000語を17時間で覚え、英熟語555語を5時間で覚え、英語構文を10時間で覚えることができます。
    各塾や予備校で、このような初期インプットのシステムがあれば、差をつけることができます。あるのか、ないのか、そこで大きな差がつくのが英語です。

     

  • 医学部の受験生を含め理系のコースにいる生徒は比較的英語が苦手です。費用対効果を考えると一番伸びるのが英語だからです。

     

  • 理由は2つあります。
    ①医学部受験において英語の配点が高いこと。
    ②英語は一度習熟すると安定して高得点を取りやすいこと。が理由です。

     

  •   

医学部予備校を探す方はこちら

サポート対象
形態
特徴

関連のFAQ