お知らせ|医学部予備校ナビ

医学部予備校FAQ 医学部予備校FAQ

小論文対策講座はありますか?どういった授業内容ですか?年間通して学ぶのですか?

             

  •  

    ございます。こちらは通年ではなく、夏期講習期間よりレクチャーが始まります。大学別に推薦入試対策と一般入試対策も実施しています。

  •  

    当学院では、毎週「二次試験対策」として小論文の授業を年間で行っています。原稿用紙の使い方や表現・句読点のテクニックといった書き方の基本から、要約、課題文型、題目型、図表・グラフ型と様々なテーマに触れて段階的に学びます。幅広い知識を身につけ、諸問題に対する多面的な考える力を養い、自分の言いたいことを論理的に分かりやすく伝える力を習得して本番に臨めるようになります。学院生以外でも、個別指導パックとして同様の内容を個別指導で受講することが可能です。

  •  

    医師を目指すという強い志、すなわち“医志”を高め、医学部合格をたぐりよせるため、顧問医師監修のもとにプログラムを作成。このプログラムに基づき、医師として必要な知識や適性を身につけ、小論文・面接の二次試験対策を行います。医学部合格はもちろんのこと、その先の医師としての将来も見据えたプログラムは城南医志塾の最大の強みです。

  •  

    医学部コース、歯学部コースなど小論文が必要なコースには4月から小論文の授業を行っています。現役生の推薦入試対策などは個別に対応しています。

  • こちらでは普段小論文・面接対策の集団授業を月に2回、答案の添削も含めて無料で受講できます。自己推薦書・志望理由書の書き方などの指導も行っています。他の個別授業と同じように、それぞれの受験校に合わせた対策授業も行っています。

  •  

    太宰府アカデミーでは、小論文の授業を多方向から見て大切な科目と認識しています。週に1コマの授業に加え、毎授業で課題が出ます。担当講師が、その課題を次週の授業までに添削をし、返却という流れとなっています。前述した「多方向」というのは、全ての教科に繋がる「国語力」の養成に大きく関係しているからです。
    例えば、文章読解力は改めて言うまでもなく、全ての問題を解く上で必須なスキルです。その他にも専門的な知識がテーマである文章は英語の長文問題に出題されたり、医療分野の倫理観をテーマとした問題は医師となる基盤となる考えを学ぶ機会でもあります。単に試験問題の一つだから学ぶのではなく、積極的に取り組むのが医学部合格への近道だと考えています。

  •  

    もちろんあります。小論文対策というと書き方を指南する本を読んだり、逆に何度も何度も書き直しを命じられている生徒を見かけますが、時間の無駄です。想定される問いに対して思ったことを的確に書けるよう、頭を整理しておきましょう。その点で面接と小論文は表裏一体です。ただ話すか書くかの違いだけです。小論文の授業ではとにかく書く練習をさせています。

  •  

    週に1回小論文対策の講師が医学部受験でよく出題されるテーマについて解説し、実際に生徒さんが書いた答案を添削しております。

  •  

    医学部医学科、特に私立において小論文は面接と同じように合否に大きく関わります。医学科受験では、学力は必要条件で適性の部分が十分条件と言っても過言ではありません。大学側はそれほど真剣に生徒の医師としての適性を見極めようとしています。PMDの小論文では、一貫して論理的に誰にでもわかりやすく書くことをトレーニングします。小論文の授業は4月開講時から受験前までおこないます。はじめは志望動機とどんな医師になりたいかについて書きます。自分自身とじっくりと向き合う貴重な機会です。医師になりたい気持ちを確認することによって勉強のモチベーションにもつながりますし、文字に起こすことにより面接対策にもなります。また医療に関するトピックを扱う際は、医師としての資質も計ることになります。時には考え方を矯正するような場面もあります。

  • 小論文講座も年間を通して毎週行い、まったく書けなかった生徒も1年間で最低限合格レベルの小論が書けるよう指導していきます。

     

  • 面接の欄に載せてありますように、個別対策をしっかりと行っております。
    普段から、色々な背景知識のラーニングができるように、英語による論文の課題もありますし、個別の添削も行っております。
    季節講習で小論文の対策授業を行うこともあります。小論文の対策に関しては、教師の質が大変重要です。全面的にお任せください。

  • 小論文対策も個別授業で志望校に合わせた対策が可能です。特に期間や回数が決まっている訳ではありません。

  • メルリックスでは、講師とマンツーマンの個別指導で小論文の対策をすることができます。一般入試はもちろん、推薦入試・AO入試・編入試験も大学ごとの出題傾向に合わせた内容を、1コマからご都合のいいスケジュールに合わせて指導します。本科生の授業では前期から週1コマ小論文の授業を設けています。

  • 2次対策講座として小論文とセットで4月から指導します。一人一人異なった指導をしていきます。

  • あります。添削を中心とした内容です。実際に私立医大入試の面接担当の経験や、出題経験のある講師が指導にあたります。基本的には年間通して学びますが、夏期講習から、2学期からの受講も可能です。

  • 年間通して、授業として行っています。授業を取った場合も費用は増えません。
    また、年間の授業とは別に推薦受験前や、一次試験から二次試験の間など、必要に応じてその試験に特化した形での指導も行っています。

医学部予備校を探す方はこちら

サポート対象
形態
特徴

関連のFAQ