お知らせ|医学部予備校ナビ

医学部予備校FAQ 医学部予備校FAQ

2020年から変更される「大学入学共通テスト」について対策はおこなわれますか?

  • 今年度は行う予定はないですが、やがて予備校側でも対策はとっていきます。

  •  

    実施を予定しています。

  •  

    英語の外部試験の導入や国語の記述式の導入などが話題になっていますが、いずれも本来すべき内容が取り入れられるということにすぎません。いまなお、どういう形で固まるか予断を許さない状況ですが、特に高2生以下の生徒のリスニングや英作文には外国人講師を充てるなどして対策は着々と進めています。

  •  

    対策は行う予定です。模擬問題を確認してから、その内容に沿って十分に対策を行います。

  •  

    2020年度から新しい大学入試制度が始まります。2024年度から新指導要綱による入試が始まりますのであくまでも時限的なものではありますが、共通した狙いがあります。今までのセンター試験が知識量とスピードを要求していたのに対し、共通テストは知識を踏まえた「思考力」と「表現力」を問うものになっています。英語に関しても今まで「読む」「聞く」だけだったのが、相手に伝えるための表現力を計る「話す」「書く」が導入されます。これは国際化やA.Iを含めたテクノロジーの進化を踏まえて、企業が求める人材が従前とは大きく変わってきていることを反映しています。PMDでは、講師と生徒がやり取りをしながら授業を進めていますが、このゼミ形式の授業形態そのものが共通テストの狙いを先取りしている形になっています。まさに医療の世界で必要とされることでもあるのです。

  • 大学入学共通テストでの改定の部分に関しまして、すでに対応できるようにしております。
    この部分は、35年以上の歴史の中で培ったノウハウで対応させていただきますので、ご安心ください。

     

  • 1対1の個別指導ですので、4技能対策を行なうことが可能です。

  • 高校1・2年生むけの講座があります。

  • 行います。英語については、英検、TOEIC、TOEFL等の外部英語検定試験の対策を行います。国語については、記述式問題の対策を行います。

医学部予備校を探す方はこちら

サポート対象
形態
特徴

関連のFAQ