医学部予備校navi

浪人生のための医学部予備校

現役時代に医学部合格を果たせず、浪人をして医学部を再受験する場合は日中の時間の使い方が難しくなります。現役時代に予備校に通ったものの、結果が出なかった場合は予備校の変更を検討するケースが多いでしょう。そこで、浪人生にとっての医学部予備校選びについて知っておきましょう。

予備校を変えないという選択肢も

最初に、同じ予備校にもう1年通うという選択肢を検討しておきます。
 大手予備校に通っていた場合、校舎を変えることができます。現役時代に通った校舎が自宅から遠かったり、スタッフのフォローが不十分だったりしたと感じる場合は、校舎変更を考えてみましょう。カリキュラムやサポート体制に不満がなく、一定の成績向上が見られた場合にあり得る選択肢です。
 医学部予備校に通っていた場合でも、学力アップにつながった場合は、もう1年通ってみるのも1つの方法です。現役時代と同じ予備校で学ぶことで、一貫した指導方針に基づき医学部合格を目指すことができます。ただし、同じ予備校に通い続けることで受験勉強がマンネリ化しないように気をつけてください。

医学部予備校から大手予備校への転入

 医学部予備校に通って結果が出なかった場合は、大手予備校への転入も検討する価値があります。特に、競争環境が不足していると感じたり、浪人時に成績が伸び悩めば他学部の受験に変更する可能性があったりする場合は、大手予備校に転入するのも1つの方法です。
 ただし、大手予備校では生徒と講師の距離が遠い傾向があります。質問や学習相談などを行う機会が減少することで、志望校に特化した対策を進めづらくなるリスクには要注意です。

大手予備校から医学部予備校への転入

現役時代には大手予備校に通い、浪人するにあたって医学部予備校を選択するケースもあります。
 予備校の変更理由としてはまず、大手予備校では授業についていけなかったり、細かなフォローが欠けていたりといった課題が考えられます。大きな集団での授業となるため、自分のレベルや志望校に合わせたきめ細やかな指導を受けられずに合格を逃すこともあり得ます。
 また、大手予備校では受講生の満足度を高めるノウハウが多く蓄積されており、授業を受けると「わかったつもり」になってしまう場合があります。授業はわかりやすかったものの成績向上が見られなかった場合は、医学部予備校への転入を考えましょう。
 国立医学部志望から、浪人時は私立医学部に志望変更する場合も、医学部予備校への転入が得策です。大手予備校の医学部対策では国立医学部に重点が置かれているケースが多いからです。私立医学部合格には小論文・面接対策も欠かせません。志望校が明確に決まっていない場合は、配点や出題傾向を踏まえて出願先を検討する必要があります。私立医学部では出題者の変更等で傾向が急に変わるなどのケースが少なくなく、医学部入試に精通した講師の力が合格に役立ちます。大手予備校でチューターが医学部受験に詳しくなく、面談でも数字だけを表面的に捉えて話をする程度だったという場合は、専門性の高さに期待できる医学部予備校を探してみましょう。

福岡の医学部専門予備校PMDは浪人生フォローも充実

医学部予備校への転入を考えているものの、具体的なメリットが分かりづらいという浪人生もいるでしょう。予備校ランキングなどを見ても、評価数の多い大手予備校が上位に並び、医学部予備校についての情報が得づらい場合も考えられます。そこで、九州・福岡にある医学部専門予備校PMDの充実したフォロー体制を見ておきましょう。
 PMDでは、基礎事項について一通り授業で確認したのち、入試レベルの問題演習の機会を豊富に提供しています。主として日曜日に演習を実施し、年間の回数は40回~50回にもおよびます。演習内容は講師が採点し、次の週の授業で「解答解説→解き直し→類題演習」をおこなうシステムです。演習内容を踏まえた授業を受けることが可能です。単にわかりやすいだけでなく、実際に入試問題を解く力を養いやすいと言えるでしょう。
大手予備校の授業でわかったつもりになるのではなく、理解が進んでいるかどうかをこまめにチェックしながら学習を進めたい場合は、PMDをはじめとする医学部専門予備校を選ぶのが得策です。
 さらに、少人数指導である点もPMDの強みです。大手予備校と比べて1クラス当たりの人数が少ないため、生徒のレベルに合わせた双方向型の授業を展開しやすいです。認定心理士によるメンタルケアもあり、浪人生を全面的にサポートする体制が整っています。成績を伸ばすためには意欲的に学習を進めることが望ましいです。メンタル面でのサポートも受けられるとわかっていれば、安心して医学部合格に向けた努力を積み重ねやすくなります。大手予備校に1年、あるいは複数年通ったものの成績アップや医学部合格につながらなかった場合は、医学部予備校に通って受験を成功させてみてはいかがでしょうか。

 
PMD医学部専門予備校
5名程度の少人数クラス・豊富な演習問題・1500時間を越える圧倒的な授業時間
PMD医学部専門予備校の詳細はこちら