医学部予備校navi

大阪医歯学院

偏差値38からでも医学部合格を目指せる!30年以上培ったノウハウで志望校合格へと導きます。

大阪医歯学院では、「学院」「生徒」「家庭」の三位一体の指導体制で合格を強力サポートしています。

  • 写真1
  • 写真2
  • 写真3

大阪医歯学院は、35年の信頼と実績がある医歯薬獣医専門予備校です。創立以来、数多くの難関学部合格者を輩出しており、その合格率は78%と高い数値を誇っています。
授業形式は教科別・学力別の少人数クラス授業と完全マンツーマンの個別指導があり、両方を組み合わせることも可能です。きめ細かな指導ができるよう、生徒1.5人:先生1人の体制をとっているため、偏差値38からでも1年間で合格を目指せます。

基本情報

入学可能エリア
全国から入学可能
対象学部
医学部、歯学部、薬学部、獣医学部
サポート対象
高校1年、高校2年、高校3年、大学生、浪人生、社会人
授業形態
予備校/学習塾
学費の目安
高卒生科:医学部少人数クラス授業コース 380万(税抜)~<入学金・諸経費・夏期、冬期授業料含む>
※年間一括支払割引制度有り。

高校生科:医学部少人数クラス授業コース 104万(税抜)~<入学金・諸経費・夏期、冬期授業料含む>
※年間一括支払割引制度有り。



各学部・コースによって料金が異なりますので、詳しくは予備校までお問い合わせください。

特徴

着実に学力を向上させる「トライアングルメソッド」

単に答えを教わるのみでなく、内容を理解し自らの力で答えを導く手法「トライアングルメソッド」を取り入れています。この手法は最新脳科学と認知学習法に基づいた合格指導法です。わかる(解説)→身につく(課題演習や解答練習)→できる(小テストやチェックテストでレベル判定)を繰り返し、着実に学力を身につけます。

授業スタイルを併用する独自のプログラム

1クラス10名まで(高卒生Ⅱ類【薬学部・獣医学部】は25名まで)の「クラス授業」のほかに、完全マンツーマンの「個別指導」、教科別・単元別に設定された1クラス5名までの「強化ゼミ」がオプションで追加できます。どの教科も学力別にクラスがわかれているので、授業の内容についていけないという心配はありません。

面接や小論文などの対策も万全

志望校に合格するには推薦入試や二次試験対策も重要です。推薦入試・AO入試対策では、志望大学と同じ形式(グループ討論・個人面接など)と質問内容で模擬面接を実施。一人ひとりの特性を見ながら、面接を突破するポイントをレクチャーします。小論文は専門講師が丁寧に添削し、マンツーマンで指導します。

カリキュラム

高卒生Ⅰ類(医学部・歯学部)
「国公立医学部・歯学部受験コース」、「私立医学部受験コース」、「私立医学部ベーシックコース」、「私立歯学部受験コース」は、1クラス(教科別・学力別)10名までの少人数授業を実施。クラス授業+個別指導の「パーフェクトコース」もあります。また「年間完全個別指導コース」では、一人ひとりの目標と学力に応じて作成した年間カリキュラムを使って、マンツーマン指導を行います。

♦ 料金:コースによって料金が異なりますので、詳しくは予備校までお問い合わせください。
高卒生Ⅱ類(薬学部・獣医学部)
「国公立薬学部・獣医学部受験コース」、「私立薬学部受験コース」、「私立獣医学部受験コース」では、少人数制のクラス授業を行います。また、クラス授業+個別指導の「パーフェクトコース」や「年間完全個別指導コース」もあります。

♦ 料金:コースによって料金が異なりますので、詳しくは予備校までお問い合わせください。
高校生科
【高3生】
各学部の「国公立受験コース」、「私立受験コース」…少人数クラス授業
【高2生】
「平日コース」、「土日コース」…少人数クラス授業
【高3生・高2生】
「平日コース」、「土日コース」…クラス授業+個別指導
※少人数クラス授業は、1科目から受講できる「科目選択方式」で希望に合わせて受講できます。
【高3~高1生】
「全科目コース」、「科目選択コース」…個別指導

♦ 料金:学年やコースによって料金が異なりますので、詳しくは予備校までお問い合わせください。

合格実績

<2018年度合格実績>
【国公立医学部】
三重大学 1名/鳥取大学 1名/名古屋市立大学 1名

【私立医学部】
大阪医科大学 3名/関西医科大学 2名/近畿大学 1名/兵庫医科大学 5名/岩手医科大学 1名/愛知医科大学 2名/藤田保健衛生大学 2名/金沢医科大学 1名/川崎医科大学 1名/久留米大学 1名/杏林大学 1名

【国公立歯学部】
北海道大学 1名

【私立歯学部】
大阪歯科大学 10名/東京歯科大学 2名/愛知学院大学 3名/昭和大学 1名/日本大学松戸歯学部 1名/神奈川歯科大学 1名/朝日大学 6名/北海道医療大学 2名/松本歯科大学 1名

【私立薬学部】
東京薬科大学 1名/京都薬科大学 4名/神戸薬科大学 7名/大阪薬科大学 9名/近畿大学 1名/昭和大学 1名/城西大学 1名/帝京大学 1名/同志社女子大学 2名/摂南大学 7名/武庫川女子大学 2名/神戸学院大学 6名/兵庫医療大学 7名/大阪大谷大学 2名/ 北海道医療大学 1名/愛知学院大学  1名/鈴鹿医療科学大学  1名/金城学院大学  1名/就実大学 2名

【国公立獣医学部】
宮崎大学 1名

【私立獣医学部】
日本獣医生命科学大学 7名/麻布大学 8名/日本大学 9名/北里大学 16名/酪農学園大学 15名
岡山理科大学 24名

生徒のコメント

D.Nさん(大分大学医学部、兵庫医科大学) 高校時代は文系だったのですが、医師である親の姿を見ているうちに、自分も医師になりたいと思うようになりました。しかし、高校の先生からは、今の実力で医学部は無理だと猛反対されました。でもむしろ、反対されたことで絶対に医師になろうという気持ちになりました。大阪医歯学院では受験対策も医学部の知識を持った先生が指導してくださるので、とても心強く、志望校の過去問を分析しながら、優先して解くべき問題や、後回しにすべき問題などを具体的に指導してくれました。
T.Tさん(近畿大学医学部、兵庫医科大学など) 医学の道を志したきっかけは、私が幼い頃に母が椎間板ヘルニアという病気にかかったことでした。自分が治してあげたいという気持ちを強く抱き、医師を目指し、大阪医歯学院に入学しました。少人数制なので、授業の進め方について要望を出せば柔軟に対応してくれました。わからないところがあればそのままにせず解決するために、先生からのアドバイスを素直に受け入れるといった謙虚な姿勢で勉強に取り組む自分になれたのも大阪医歯学院のおかげです。ここで身につけた勉強への向き合い方は、これからもずっと役に立つと思います。
N.Mさん(麻布大学獣医学科) 大阪医歯学院は、獣医学科について情報量と実績があり、さらに、自分に合った授業形態を選べる点も決め手でした。また、自分に合った受験方法を担任の先生から助言してもらい、推薦入試を受験し無事志望大学に合格できました。獣医専門予備校として蓄積してきた情報量と生徒一人一人にことをちゃんと見ているからこそ、その人に合った戦略を導き出すことができるのだと思います。受験生の皆さん、思うようにいかない時もあるかもしれませんが、夢を諦めずに頑張ってください。
Y.Fさん(大阪歯科大学) 大阪医歯学院は歯学部専門のコースがあるという事を知り、入学を決めました。受講形式を自由にカスタマイズでき、自分に合ったやり方で勉強できるというのも魅力です。どの先生も面倒見が良く、一から丁寧に教えてもらえたので苦手な英語も自信がつきました。面接対策は担任の模擬面接や、友達同士でも練習してお互いにアドバイスを送り合ったことも。この予備校で出会った友達や先生の存在が、大きな力になったのだと思います。夢への第一歩を支えてくれた大阪医歯学院に心から感謝しています。
K.Sさん(東京薬科大学) 大阪医歯学院は薬学部受験について圧倒的な情報量を持っているのが他の予備校との違いです。担任制というのも特徴で、先生と二人三脚で勉強のスケジュールを立てることができ、僕にはぴったりのやり方でした。薬剤師の免許を持つ先生がいて、薬剤師の就職に強い大学とか、薬剤師になるためにはどんな勉強が役に立つかとか、将来のためになるようなアドバイスをしていただき、また豆知識を授業中に織り交ぜて教えてもらったのが今、生かされていると実感しています。
M.Uさん(滋賀医科大学、大阪医科大学など) 少人数クラス授業が良かったのは、とにかく質問しやすいことでした。時間が許す限り何時間でも付き合ってくれる先生を質問攻めにして、疑問点を残さないように心掛けました。僕と先生の持論がぶつかることもありましたが、僕の言い分を受け止めてくれたことで先生への信頼は深まりました。また、勉強だけでなく生活面においても、自分らしさを引き出してくれました。大阪医歯学院を選んで本当に良かったです。
T.Sさん(旭川医科大学、大阪医科大学など) 私は一度大学に入学しましたが、再び医学部を志して大学受験の世界に戻ってきました。受験勉強を始めて最初に直面したのは、自分一人で勉強することの難しさでした。そんな中、大阪医歯学院に入学して、その問題点が一気に解消されました。担当の先生が一人一人の生徒に対して本当に親身になって相談にのってくれるので、不安が解消されました。また、各教科の先生からわからないことがあれば、徹底的に教えていただくことができたので、学力を伸ばすことができました。そして何より一番に挙げることのできる大阪医歯学院の長所とは、先生と生徒、そして生徒同士の距離がすごく近いことです。少人数制というシステムだからこそなせる業です。
F.Kさん(兵庫医科大学、帝京大学など) 最初は勉強方法すらわからない状態でしたが、学力に合ったクラス分けにより、レベルに合った勉強が実現。特に数学は「過程が書ければ部分点が貰える」と、苦手な人用の解き方も教わりました。毎日予備校が閉まるまで自習室に残り、わからないとすぐに先生に質問する毎日。先生との距離が近く、弱気なときはちょっと褒めてその気にさせてくれるなど、一人ひとりのツボみたいなものを知っておられましたね。仲間も、予備校も、先生も大きな支え。頑張ってください。
I.Tさん(大阪医科大学、東海大学など) 大阪医歯学院が良かったのは、クラスが科目ごとに分かれているところ。苦手な数学は、なぜこの公式なのかという理由や考え方まで教わり、次第に基礎力がついてきました。また生物の授業では、医療の新しいトピックスを話してくれたのも楽しい想い出です。先生だけでなく、友達と競い合ったり、励まし合ったりと、本当に恵まれた環境だったと思います。
H.Dさん(兵庫医科大学、帝京大学医学部) 高校は入学まもなく中退。しかし、将来は人の役に立ちたいという気持ちから医者になることを決意、なんとか高認を取得し、それから大阪医歯学院に入学。その後、受けた模試が600満点中80点、偏差値は30台という状況で、何度もあきらめようと思ったが、授業時間外にも熱心な指導があり、必ず医者になるという強い気持ちに応えてくれる先生達がいたので、最後まで頑張ることが出来た。「勉強しているのに成績が上がらない」「僕は頭が悪いからできない」なんてのは全て言い訳です。「できない理由」を探さず、自分の夢に向かってがむしゃらにやった者が成功する。僕はそれを証明できたと思っているし、これは一生誇りに思うつもりだ。

予備校からのお知らせ

校舎所在地

大阪医歯学院
〒532-0011
大阪府大阪市淀川区西中島5-5-15 新大阪セントラルタワー 南館1F
JR・地下鉄御堂筋線「新大阪駅」より徒歩5分

写真

>>