医学部予備校navi

秋田大学 医学部 医学科

基本情報

秋田大学は、昭和24年に秋田師範学校、秋田青年師範学校および秋田鉱山専門学校を母体として、学芸学部、鉱山学部の2学部を擁して発足しました。 昭和42年に学芸学部を教育学部に改称し、昭和45年には医学部を設置しました。平成10年に教育学部、鉱山学部を教育文化学部および工学資源学部に改組し、平成16年には国立大学法人秋田大学として新たにスタートしました。

区分
国立大学
設立年度
昭和24年(1949年)

基本情報

本学は、教育活動において独自性を発揮すべき点として、以下の二点を掲げています。 一つは、これまで以上に地域に密着し、必要とされる存在であり続けること。教育文化、医学、工学資源の三学部からなる本学は、教員育成と地域医療、研究や人材育成を通じて地域産業の発展に貢献してきました。秋田大学横手分校や北秋田分校では、実践を通じて学ぶ姿が地域の活性化へ結びつきます。豊富な地域資源から未来に生きる術を学んで欲しいと願っています。自治体の要請を受け、地域と本学がより強い関わりを持つための架け橋として学内に地域創生センターも立ち上げました。
二つ目は、建学以来の伝統を活性化すること。それは、各学部が誕生した経緯・期待・責務を再度確認し、実践していくことにつながります。平成21年に設置した「国際資源学教育研究センター」は、国内の資源教育と研究の拠点だけでなく、アジア周辺の新興資源国からも期待されています。これらの地から本学に集った学生・研究者たちが、資源のない日本との架け橋となります。教育文化、医学も同様に、何を期待され、果たすべき役割は何なのか。問い続け、実践する姿勢を持ち続けたいと考えています。

校舎情報

キャンパス名
住所
アクセス
電話番号
山形キャンパス
〒010-8502
秋田県秋田市手形学園町1番1号
JR秋田駅からバスで秋田大学前下車、徒歩約1分
018-889-2207
本道キャンパス
〒010-8502
秋田県秋田市手形学園町1番1号
JR秋田駅からバスで大学病院前下車
018-833-1166

秋田大学 医学部の詳細

医学部では、平成15年に文科省のCOEプログラムに採択されたことを受け、生命科学の最先端の研究拠点形成のための努力を重ね、中間評価においてA評価という高評価を受けることができました。医学科の学部教育では、チュートリアル教育を取り入れ、自らの力で考えることのできる人材を養成しています。大学院博士課程においては、単一専攻にして専門的研究を開始する前に共通の準備教育を実施するクラスター制度を導入し、時代を担う研究者養成を目指します。また、医学科修士課程を新設して、将来の医科学研究を担う科学者の養成に努めています。本学は高い学問水準の向上と魅力ある教育環境の整備に尽力します。

教員数
教授:172名、准教授:167名、講師:61名、助教授:165名
学生数
1年:122名、2年:132名、3年:102名、4年:117名、5年:98名、6年:106名、計:677名
国家試験合格状況
2011年度:88.2%
卒業後の進路

学費

学納金
○入学金:282,000円
○授業料:535,800円(半期分:267,900円)
初年度学費
817,800円
学費総額
3,496,800円
寄付金・学債
奨学金・授業料免除
○入学料の免除および徴収猶予
経済的理由により入学料の納付が困難であり、かつ学業優秀と認められる場合、入学前1年以内に、学資負担者の死亡又は本人若しくは学資負担者が風水害等の災害を受けたことにより、入学料の納付が著しく困難である場合については、本人の願い出により選考の上、入学料の全額又は半額を免除若しくは徴収を猶予する制度があります。

○授業料の免除
経済的理由により授業料の納付が困難であり、かつ、学業優秀と認められる場合、学資負担者の死亡又は本人若しくは学費負担者が風水害等の災害を受けたことにより、授業料の納付が著しく困難と認められる場合については、本人の願い出により選考の上、授業料の全額、半額又は1/3を免除する制度があります。

●学業奨励金
本学では、秋田大学教育研究支援基金の事業として、成績優秀者を表彰し、学業奨励金の給付を行います。
•対象者/卒業年次を除く学部学生
•被表彰者数/教育文化学部については5名、医学部については4名、工学資源学部については7名を原則とする。
•学業奨励の額/ 1人 10万円(予定)
•被表彰者の決定/学業成績を重視し、人物を勘案して行われる各学部長からの推薦に基づき、学生支援総合センターにおいて、被表彰者を決定する。

●奨学資金
本学における学資(授業料、教材費等)および生活費の支弁に困難な学生に対して、修学支援金を貸与します。
•奨学資金の額/1人30万円を上限とし、無利子で貸与する。
•選考/学生本人からの申請書等を副学長等が審査し、面談のうえ決定する。
•返還/最長、卒業(修了)後3年以内とする。