医学部予備校navi

福山大学 薬学部 薬学科

基本情報

福山大学は、昭和50年に経済学部、工学部を開設して開学しました。昭和57年には薬学部、平成12年には人間文化学部、平成14年には生命工学部を開設しています。大学院は、昭和54年に工学研究科、昭和62年に薬学研究科、平成4年に経済学研究科、平成19年には人間科学研究科を開設しました。クイーンズランド大学と姉妹校協定を、中国の首都師範大学、上海師範大学、天津科技大学と学術教育交流協定を結んでいます。

区分
私立
設立年度
1975年

基本情報

福山大学は、「全人格陶冶を目指す全人教育」の建学の精神のもと、「真理を探究し、道理を実践する豊かな品性を養い、不屈の魂を育てる生命を尊重し、自然を畏敬する個性を伸展し、紐帯性を培う未来を指向し、可能性に挑む」という教育理念を掲げています。具体的には、福山大学独自の研究を活性化させ、研究成果を地域へと還元していくこと、そのプロセスの中で学生の実践的研究力を育成し、地域社会との連携による知的コミュニティーを形成していくこと、そして、そのプロセスの中で、学生の総合人間力を育成することを目指しています。
特に教育改革については、初年次から段階的に、生涯に渡る学びの基礎としての実践的自己教育力を身につけるため、人間関係の輪を広げながら知識・技能・態度を総合させる目標設定型の教育システムを稼働させています。またキャリア形成支援センターを中心として、4年間のキャリア教育を系統的に進め、職業人としての活動の基となる、実践的自己指導力を身につけます。

校舎情報

キャンパス名
住所
アクセス
電話番号
福山大学キャンパス
〒729‐0292
広島県福山市学園町1番地三蔵
福山駅~福山大学直通バス(福山駅南口バス乗り場、キャスパビル前、バス乗り場18番乗り場より約30分)
(084)936-2111

福山大学 薬学部 薬学科の詳細

薬学部は、豊かな教養都と倫理観に基づく態度を備え、幅広い知識と高度な技能を持った薬剤師の育成を目標としています。大きな特色は、「学内モデル薬局」での事前実習および病院薬局実習を「必修」として医療薬学教育に取組んできたことです。2006年度から薬学部の教育年限が4年から6年となりましたが、福山大学薬学部は、設立当初より薬学部6年制を視野に入れた医療薬学教育を実践してきました。今後も、6年一貫教育制度だけの薬学部として、豊かな人間性と問題解決能力を身に付けた質の高い薬剤師育成を目指す従来の教育内容をさらにレベルアップした教育・研究活動を行います。

教員数
60名
学生数
国家試験合格状況
卒業後の進路
卒業後の進路割合は、保険調剤専門薬局が32%、病院が31%、大学院・研究生が18%、小売り保険調剤薬局が12%、企業が4%、公務員が3%です。具体的な就職先として、病院では、福山医療センター、公立学校共済中国中央病院等、製薬企業・卸では、武田薬品工業(株)、塩野義製薬(株)等、保険調剤薬局では、日本調剤(株)、総合メディカル(株)等、ドラッグ・ストアでは、(株)マツモトキヨシ等です。

学費

学納金
●学費
・入学金:400,000円
・授業料:930,000円
●諸経費
・後援会:20,000円
・学友会:5,000円
初年度学費
2,285,000円
学費総額
11,665,000円
寄付金・学債
授業料を比較すると本学は高い印象がありますが、教育・実習の総てを授業料で賄っており、中四国地区で最も安い総納付金になります。本学では授業料以外に実験実習費、施設費、実務実習費などを別に請求しません。
奨学金・授業料免除
●福山大学奨学生制度
学業成績、人物ともに優秀で、将来社会の指導者的人物となりうる人材に奨学金を授与して積極的にその育成に資することを目的とした3種類の独自奨学制度を設けています。
◇特別奨学生A
・奨学金額
入学年次の授業料の50%が減免され、さらに、2年次以降も前年度単位取得科目の平均点が75点以上であれば正規の履修年限の間継続して減免されます。
・選考方法
一般入試(前期A日程)の合格者で、入試成績が上位100名(全学共通)の学生の中から選考します。また、推薦入試、前期B日程、および大学入試センター試験利用入試でも若干名を選考します。
◇特別奨学生B(薬学部)
・奨学金額
入学年次の授業料の30%が減免され、さらに、2年次以降も前年度単位取得科目の平均点が75点以上であれば正規の履修年限の間継続して減免されます。
・選考方法
指定校入学試験合格者のうち、高校に通知する評定平均値を上回る学生を選考
◇一般奨学生(薬学部)
・奨学金額
当該年度の授業料のうち50万円を減免します。
・選考方法
2年次以上の学生で、前年度の学業成績が優秀な学生の中から福山大学奨学生選考部会が若干名を選考
●(財)日本産業科学研究所奨学金制度
・奨学金額
月々40,000円
・選考方法
3年次以上を対象にした無利子貸与奨学金制度で、財団法人日本産業科学研究所が若干名を選考
●日本学生支援機構奨学金制度
◇大学生第一種(選択型)
・奨学金
自宅通学者(月額) 30,000円、54,000円
自宅外通学者(月額) 30,000円、64,000円
・選考方法
高等学校における学習成績概評が3.5以上の学生で、家計における総所得が日本学生支援機構の示す基準額以下の学生から選考
◇大学生第二種
・奨学金
月額30,000円、50,000円、80,000円、100,000円、120,000円の5種類から選択し、貸与期間中に必要に応じて貸与月額を変更できる。薬学部は20,000円の増額も可能
・選考方法
高等学校における学習成績概評が平均水準以上の学生で、家計における総所得が日本学生支援機構の示す基準額以下の学生から選考
※上記以外にも、様々な奨学制度があります

●入学金減免制度について
(同窓生の子弟及び在学生の兄弟に対する入学金の減免制度)
減免後入学金:200,000円