医学部予備校navi

広島大学 薬学部 薬学科

基本情報

広島大学は国立学校設置法により、昭和24年、広島文理科大学(附置研究所を含む)、広島高等学校、広島工業専門学校、広島高等師範学校、広島女子高等師範学校、広島師範学校及び広島青年師範学校を包括し、広島市立工業専門学校を併合して設置されました。昭和52年4月に薬学科を総合薬学科(6大講座制)に改組。平成16年4月には、国立大学法人広島大学となりました。

区分
国立
設立年度
1949年

基本情報

広島大学は、東広島市(西条)にある緑豊かな252ヘクタールという広大な東広島キャンパスをはじめ、国際平和文化都市である広島市内にもキャンパスをもち、11学部、12研究科を擁します。大学キャンパスの他、1研究所、大学病院並びに11もの附属学校園を有し、研究・教育施設として地域の核となる総合大学です。本学の建学の精神は、「自由で平和な一つの大学」であり、『平和を希求する精神』『新たなる知の創造』『豊かな人間性を培う教育』『地域社会・国際社会との共存』『絶えざる自己変革』を理念5原則として掲げています。これらの理念に基づき、新しい知を創造しながら、豊かな人間性を培い、絶えざる自己変革に努め、国際平和のために地域社会、国際社会と連携し、社会に貢献できる人材の育成を続けます。個性豊かな大学として、教育、研究、医療、社会貢献といった各領域の地域拠点としての役割を明確にし、全国的・国際的な展開を図ります。

校舎情報

キャンパス名
住所
アクセス
電話番号
霞キャンパス
〒734-8551
広島県広島市南区霞1-2-3
JR広島駅(広島市)大学病院行きバス 広電バス(5号線)約20分 → 広島大学病院 (終点)下車
082-257-5555
東広島キャンパス
〒739-8511
広島県東広島市鏡山1-3-2
JR西条駅(東広島市)広島大学行きバス 約20分 → 構内最寄りの バス停下車※タクシー約15分
082-422-7111

広島大学 薬学部 薬学科の詳細

薬学部は、学年毎に系統立てたカリキュラムを用意し、専門性の高い薬剤師の育成を行います。1年次では東広島キャンパスで教養教育科目を履修し、2年次から広島市内の霞キャンパスに移り、「薬学プログラム」のもとで様々な薬学専門科目の基礎を学習します。4年次の終わりには、臨床実習に必要な知識・技能・態度に関する全国統一の資格試験(共用試験)を受験し、認定されれば、5年次の臨床実習の履修が可能になります。5年次以後には様々な臨床薬学専門科目を履修します。さらに、より高度な知識と技能を身につけるために大学院医歯薬学総合研究科の博士課程(4年間)に進学し、博士号を取得する道も開かれています。

教員数
教授:13名/准教授:11名/講師:3名/助教:10名/助手:3名/合計:40名
学生数
1年次:39名/2年次:38名/3年次:38名/4年次:37名/5年次:38名/6年次:40名/合計:230名
国家試験合格状況
平成21年度広島大学薬学部薬学共用試験結果
CBT   受験者数:38名 合格者数:38名
OSCE 受験者数:38名 合格者数:38名
共用試験 受験者数:38名 合格者数:38名
卒業後の進路
平成22年度(平成23年10月1日現在)
薬科学科
進学:23(9)名/その他:1(0)名/合計:24(9)名
※( )内は、女子を内数で示す。
※薬学科の最初の卒業は、平成24年3月

学費

学納金
入学料:282,000円
授業料:535,800円(年額)
初年度学費
817,800円
学費総額
3,214,800円
寄付金・学債
奨学金・授業料免除
●入学料免除
入学する前年の4月(※)から入学手続時までの間に、以下の理由が発生したことにより入学料の納付が困難となった人が対象。
(ア) 学資負担者が死亡した場合
(イ) 本人又は学資負担者が災害を受けた場合
(ウ) 学資負担者が失職し、申請時現在未就職の場合
(エ) 学資負担者が申請時現在長期療養中の場合

●授業料免除
授業料免除制度は、経済的な理由などにより授業料を納付することが困難な人が、所定の申請を行うことで、納付すべき授業料の全額または半額の免除を受けることができる制度。
免除者の選考は、一定の学力基準を満たしている人について、予算の範囲内で、家庭の経済状況等により困窮度の高い人から、全額免除、半額免除、不許可の順に行う。

●日本学生支援機構(旧.日本育英会)
○第一種奨学金(無利子)
自宅通学者:30,000円、45,000円
自宅外通学者:30,000円、51,000円
○第二種奨学金 (きぼう21プラン奨学金)(有利子)
※貸与月額は、申込み希望者が選択。
3万円、5万円、8万円、10万円、12万円

●企業系財団等 給付奨学金
募集は学部指定・男女指定等もあり、その年によって異なります。
・選考対象
成績・人物とも優秀で学資の援助が必要な者
※参考
家族の年収 概ね800万円未満まで
成績1年次生 高校評定平均値 4.0以上
2年次生 優及び秀 80%以上
人物はチューター(指導教員)の推薦を得られる者
大学で選考推薦した後、財団の選考(書類・面接等)があります。

●(財)帝人奨学会(予約採用)
・資格及び対象等
医学・薬学系、バイオ学系、理工学系、工学系、情報学系等に在籍している者で2012年4月から修士課程(博士課程前期)に進学することが決定している者
※他の大学院へ進学する場合も本学から応募すること。
・給与・貸与等の金額
【貸与】(月額)80,000円