医学部予備校navi

佐賀大学 医学部 医学科

基本情報

昭和24年国立学校設置法の公布により、旧制の佐賀高等学校、佐賀師範学校、佐賀青年師範学校を包括し、新制大学として発足。昭和51年の国立学校設置法の一部を改正する法律の施行により、佐賀医科大学を開学。昭和56年には、医学部附属病院を設置。その後平成15年に、佐賀大学・佐賀医科大学を統合し、新「佐賀大学」となり、平成16年に国立大学法人佐賀大学となりました。

区分
国立
設立年度
1949年

基本情報

佐賀大学は旧佐賀大学と旧佐賀医科大学が統合して出来た大学で「魅力ある大学、創造と継承、教育先導大学、研究の推進、社会貢献、国際貢献、検証と改善」からなる佐賀大学憲章を掲げ、文、教、経、理、医、工、農等の諸分野にわたる教育研究を礎にし、地域と共に未来に向けて発展し続ける大学を目指しています。この中で特に教育については「教育先導大学」をさらに発展させ、学生に選ばれる大学となることを目標にしています。学生生活から就職活動、さらには就職後まで「面倒見の良い」教育を進め、卒業生が愛校心を持ち続ける教育を実践したいと考えています。そして研究については、佐賀大学ならではのテーマを軸に世界に通用する研究テーマの絞込みを実施。研究では「特化」することが求められているため、「ニーズ」と「シーズ」の融合などを通して具体的な戦略を全学的に展開します。産官学共同研究を中心に、中央の大きな大学にも負けない特色ある研究テーマへの取り組みを推進。また全学一体で「夢」と「戦略」を持ち、良い教育を行い誇るべき研究成果と社会貢献の達成を目指し、学生に選ばれ、卒業生の誇りになり、発展し続ける大学になるよう努めています。

校舎情報

キャンパス名
住所
アクセス
電話番号
鍋島キャンパス
〒849-8501
佐賀県佐賀市鍋島5-1-1
佐賀駅バスセンターからバスで約25分「佐大医学部」下車
0952-31-6511
本庄キャンパス
〒840-8502
佐賀県佐賀市本庄町1
佐賀駅バスセンターからバスで約20分「佐大前」下車
0952-28-8113

佐賀大学 医学部 医学科の詳細

医学部に課せられた教育・研究・診療の三つの使命を一体として推進することで、社会のニーズに応えうる医療人を育成し、医学の発展並びに地域包括医療の向上に寄与すること。また、医の実践において、強い生命倫理観に基づくとともに広い社会的視野の下に包括的に問題をとらえ、その解決を科学的・創造的に行う医師の育成を目指しています。専門教育においては、専門的な知識・技術の習得とともに、自ら考える習慣を身につけるよう促します。その方策のひとつとしてPBL教育を導入。今後もこれらの教育体制を整備・発展させていく予定です。

教員数
○職員数:300名
○医学部:187名 (教授39名/准教授34名/講師6名/助教79名/その他教員29名)
○附属病院:107名(教授1名/准教授11名/講師30名/助教56名/その他教員9名)
○附属地域医療科学教育研究センター:6名(教授3名/准教授3名)
学生数
○医学部 医学科 610名 [男子354名/女子256名] 男女比58:42(% )
国家試験合格状況
卒業後の進路

学費

学納金
[入学金]282, 000円
[授業料](半期)267, 900円(年額)535, 800円
初年度学費
817,800円
学費総額
3,496,800円
寄付金・学債
奨学金・授業料免除
●入学料免除制度について
次のいずれかに該当する場合は、本人の申請により、選考の上、入学料の全額又は半額が免除されることがあります。また、免除のほか、徴収猶予の制度もあります。 (1) 経済的(負債等は除く)理由により入学料の納付が困難であり、かつ学業優秀と認められる場合
(2)入学前1年以内において、入学する者の学資を主として負担している者(以下「学資負担者」という。)が死亡し、または入学するもの若しくは学資負担者が風水害等の災害を受け、入学料の納付が著しく困難と認められる場合
●授業料免除手続き方法について
次のいずれかに該当する場合は、本人の申請により、選考の上、授業料の全額又は半額が免除されることがあります。また、免除のほか、徴収猶予、月割分納の制度もあります。(ただし、免除結果決定後の月割分納はできません。)
・経済的理由(負債等は除く)により授業料の納付が困難であり、かつ学業優秀と認められる場合
・納期前6か月以内(新入生の1年次前期の場合は入学前1年以内)において、学資負担者が死亡し、又は学生もしくは学資負担者が風水害等の災害を受けた場合
●佐賀大学『かささぎ奨学金』(予約型奨学金)
この奨学金は、佐賀大学へ強く入学を希望する学業優秀な入学志願者へ、入学前の申請により入学試験合格後の奨学金を約束します。在学期間中も奨学金が継続されます。
奨学金額:年額30万円(返還の必要はありません。)
給付期間:4年間(医学部医学科のみ6年間)
給付期間については、学業成績、修学状況等による継続判定があります。
採用予定者数12名程度
●日本学生支援機構奨学金
第1種奨学金(無利子)
 自宅通学45、000円、自宅外通学51、000円
第2種奨学金(有利子)
 月額3万円、5万円、8万円、10万円、12万円から選択
●その他の奨学金
県市町等の地方公共団体及び民間育英団体の奨学金制度があります 。