医学部予備校navi

帝京大学 医学部 医学科

基本情報

1966年に帝京大学文学部英文学科、国文学科、経済学部経済学科設置。翌年には法学部、1971年には医学部を次々に設置していきました。1977年には薬学部が設置され、1979年には大学院を設置。そして、1987年に法人名を帝京大学と改称し、現在に至ります。

区分
私立
設立年度
1966年

基本情報

帝京大学が掲げているテーマは、若者達の全力サポート。キャンパスでの幅広い友人との交流や、視野の広い基礎教養を通じて、自分の個性や適性を見つめなおし、そして見定め、そこから夢を実現していく力をつけるような環境作りをしています。「希望格差社会」という言葉が叫ばれる現代社会の中で、「自分流」という理念を通じ、若者たちが自ら未来を切り拓いていけるような人間力を育てます。人文・社会科学、自然科学から高度な専門職業人の養成まで、多様な学問を学ぶための広いフィールドを用意しています。実践的な知識を身に付ける「実学」、異文化理解の学習・体験をする「国際性」、必要な知識・技術を幅広く学ぶ「開放性」、これらを教育指針として、アクティブな卒業生を社会に送り出して来ました。定まった型からではなく、オンリーワンの「自分」を、大学生活を通じて探していってもらえるよう、これからも更なるバックアップを目指します。

校舎情報

キャンパス名
住所
アクセス
電話番号
福岡キャンパス
〒836-8505
福岡県大牟田市新勝立町4丁目3番124
JR「大牟田駅」下車 バス15分終点下車
※大牟田駅からスクールバスも運行しています。
0944-57-8333(代表)
宇都宮キャンパス
〒320-8551
栃木県宇都宮市豊郷台1-1
JR「宇都宮駅」・東武宇都宮線「東武宇都宮駅」下車、バス20分「帝京大学」下車
028-627-7123(学生サポートチーム直通)
八王子キャンパス
〒192-0395
東京都八王子市大塚359
「聖蹟桜ヶ丘駅」「高幡不動駅」「多摩センター駅」下車バス終点下車
「大塚・帝京大学駅」下車徒歩15分
0120-508-739(広報グループ)
相模湖キャンパス
〒252-5195
神奈川県相模原市緑区寸沢嵐1091-1
JR「相模湖駅」下車、バス13分「帝京大学前」下車、徒歩約3分
042-685-1121(代表)
板橋キャンパス
〒173-8605
東京都板橋区加賀2-11-1
JR「十条駅」下車徒歩約10分
JR「王子駅」下車 バス約10分「 帝京大学病院」下車
003-3964-1211(代表)

帝京大学 医学部 医学科の詳細

医学部がある板橋キャンパス内には医学部附属病院があります。病院内の設備がとても充実しており、救命救急センター、ER、総合周産期母子医療センター等がある、いわば特定機能病院なので、様々な状況に応じた実習を行う事が出来ます。少数科目を集中的に学習し、さらに次年度に別の視点から繰り返し学習する積み上げ方式と合わせることで、効果的に知識が身につくカリキュラムになっています。医師になるための学びの場を提供するべく、問題解決型の少人数グループ学習授業を通して、6年間で「よき医師」としての素地を身に付けさせます。

教員数
<教授>男94名/女2名
<准教授>男82名/女7名
<講師>男76名/女10名
<助教>男63名/女21名

<合計>355名
学生数
<入学者>男88名/女32名
<1年次生>男96名/女33名
<2年次生>男100名/女35名
<3年次生>男84名/女41名
<4年次生>男76名/女31名
<5年次生>男61名/女38名
<6年次生>男87名/女32名

<合計>714名(内女 210名)
国家試験合格状況
卒業後の進路

学費

学納金
○入学金<入学時のみ> : 2,000,000円
○授業料 : 3,600,000円
○施設拡充費 : 3,023,000円
○実験実習費 : 216,000円
○図書費 : 160,000円
○医学教育維持費 : 5,200,000円
○学生傷害保険費<入学時のみ> : 8,320円
初年度学費
14,207,320円
学費総額
73,194,000円
寄付金・学債
奨学金・授業料免除
○千葉県医師修学資金貸付制度
○福島県地域医療医師確保修学資金 (奨学金)
○帝京大学地域医療医師確保奨学金 (医学部)