医学部予備校navi

安田女子大学 薬学部 薬学科

基本情報

1915年、 安田リヨウによって創設された安田学園(広島技芸女学校)は、1955年には保育科、家政科をもつ安田女子短期大学を、さらに、1966年には文学部をもつ安田女子大学を開学します。その後、1994年には安田女子大学大学院を開学し、文学研究科だけでなく、教育学専攻、心理学科等を設置。2007年には、安田女子大学に薬学部薬学科を増設するなど、発展を続けています。

区分
私立
設立年度
1966年

基本情報

安田学園は1915年の創立以来、「柔しく剛く」を学園訓とし、徳育と知育を目指す全人教育を建学の理念としてきました。人間として共感し、互いを思いやる徳の涵養を重んじ、また、人として現代社会を生き抜くために必要な知識と技術を身に付け、堅忍不抜の精神を養う教育に注力してきました。長い歴史の中で、大学院、文学部、現代ビジネス学部、家政学部、薬学部、短期大学を擁す大学へと成長しています。本学の教育理念から生まれた教養の学修や、学生が互いに高め合う取り組みは学内外から高く評価されています。その証として、文部科学省の「特色ある大学教育支援プログラム」に新入生対象の「オリエンテーション セミナー(オリゼミ)」や、「質の高い大学教育推進プログラム」に「『課題探求能力』の育成をめざす教育取組」が選定、さらに2010年には、「大学生の就業力育成支援事業」に「自己管理力の向上のための教育システム構築」が採択されています。

校舎情報

キャンパス名
住所
アクセス
電話番号
安田キャンパス
〒731-0153
広島市安佐南区安東6丁目13番1号
安東(やすひがし)駅(安田女子大前)から徒歩約4分。
(082)878-8111

安田女子大学 薬学部 薬学科の詳細

安田女子大学薬学部では、さまざまな医療ニーズに応え、医療現場で活躍できる知識と技能を身につけるために、幅広い教養教育と高度な薬学教育の学習プログラムを展開し、豊かな人間性と高度な専門性を備えた女性薬剤師を育成しています。多彩な教養科目を用意しているほか、物理学、化学、生物学、数学など基礎科目のカリキュラムを強化するとともに、現場での実践力を高める実務実習と専門教育を有機的に組み合わせたバランスのよい教育プログラムを構成しています。さらに、医療人としての倫理観・使命感など豊かな人間性を併せ持つ人材を育成し、患者さんを思いやる優しい心やコミュニケーション能力を育んでいます。

教員数
教授:19人/准教授:3人/講師:7人/助教授:8人/助手:4人/計:41人
学生数
在学者数:321名
国家試験合格状況
卒業後の進路
薬学部は卒業生は2007年に設立し、まだ卒業生が出ていませんが、2011年度安田女子大学卒業生全体の就職率は96.4%と大変高く、大学全体できめ細やかな就職支援を行っています。

学費

学納金
●入学料 190,000円
●授業料(半期) 890,000円 /合計 1,780,000円
●諸費 21,500円
※薬学部での実験実習費は授業料に含まれますが、薬学部では病院・薬局実務実習費(60~70万円を予定)を別途徴収します。
初年度学費
1,780,000円
学費総額
10,999,000円
寄付金・学債
奨学金・授業料免除
●学生支援機構奨学金(貸与) 1.第一種奨学生(無利子):30,000円または 自宅通学者45,000円 自宅外通学者51,000円
2.第二種奨学金(有利子):3/5/8/10/12万円から選択