お知らせ|医学部予備校ナビ

【本気で医学部を目指す方へ】塾・予備校選びの大事なポイント教えます①」

2018.03.12

今回は「塾・予備校選びの大事なポイント」と題して3回に分けて執筆していきます。

今年度の医学部入試も国公立は今日、明日で行われる後期日程試験を最後に私立を含め、今年度の受験ももう少しで終わりを迎えます。今年度残念ながら結果がでなかった受験生達は、来年度のリベンジに向けての予備校選びを含め様々な準備を行っていることだと思います。難関の医学部合格を勝ち取るうえで、大きなポイントの一つになるのが、予備校や塾の選択です。どこの予備校や塾に通うのかは、まさしく合否に大きく影響を及ぼし、予備校選択を間違えるとその一年を棒に振るだけでなく、大きな遠回りや進路変更など人生そのものにも影響を及ぼすことにもなりかねません。

今回は今まさに予備校選びのピークを迎えている中、予備校を選択するうえでの大事なポイントや確認すべきポイントを今回から3回に分けてお伝えしたいと思いますので、ぜひ予備校選びの参考にしてください。

まず一つ目のポイントは予備校や塾の‟学習環境”です。人は環境で大きく変わり、また環境に大きく左右されてしまいます。まずは本人に一番合った、また一番必要な学習環境のある予備校や塾を選ぶことがとても大事になってきます。ここで大事なのが‟本人に一番合った、一番必要な”という部分です。本人が一番頑張れる学習環境、また学力の向上はもちろん、将来医師として活躍していくためにも人として更に成長していける環境こそが、最も大事な学習環境ではないでしょうか。

学習面においては大手予備校の集団授業に埋もれずついていけるのか!?や 映像授業を含め、一方的な授業でどのくらい理解できるのか!?その他 弱点補強や理解不足を補える環境やいつでも質問ができる環境があるのか!?など
合格のためには本人の現在の学力に応じた様々な学習の環境が必要となります。
集団授業には集団授業のメリット、デメリットがあり、1対1の個別指導にもそれぞれメリットとデメリットがあります。大事なのはそのメリット、デメリットをきちんと理解し、本人の学力の現状とその予備校や塾の学習の環境や校舎内の環境をしっかりと見極めることがまず、予備校や塾の選び方の基本となります。

次回はそれぞれの予備校が出している合格実績や授業料などの正しい見極め方について詳しくお伝えします。