お知らせ|医学部予備校ナビ

資料請求リスト

チェックした予備校を
まとめて資料請求する

0

医学部専門予備校 YMS 医学部専門予備校 YMS

  • 医学部専門予備校 YMSの写真1
  • 医学部専門予備校 YMSの写真2
  • 医学部専門予備校 YMSの写真3
入学可能
エリア
全国から入学可能
対象学部
  • 医学部
サポート
対象
中学3年、高校1年、高校2年、高校3年、浪人生
授業形態
予備校/学習塾

受験対策を超えた本物の人間力を養うカリキュラムを通し、医大合格の先にある「目標とする医師像」に向かって進んでいける学校です。

YMSは、創立40年以上の歴史を誇る、医学部専門予備校です。
高い医学部合格率を維持している秘訣は、受験指導による学力の底上げのみならず、「医のアート」の授業により、受験対策を超えて本物の人間性を養うカリキュラム。
医療に関する基本知識を伝え、その可能性や問題点を考え、「良き医師とは何か、医師として何をすべきか」など、一人ひとりの理想の医師像を作り上げられるよう指導しています。

医学部受験において、学科試験と同様に重視され、大学によっては学科試験よりも高い割合で合否に影響を与えるのが人間力です。
面接や小論文を通じ、医師としての適性も評価される医学部受験では、「医のアート」で学んだことが大きな力となります。

もちろん、学科試験の受験指導においても、YMSは質の高い教育を行っています。
可能な限り私立医大の解答速報を作成・公開するだけでなく、長年にわたり大学別の「入試予想」も刊行し、入試研究を行っています。

YMSのシステムは、入試から逆算し一年で完結するカリキュラムとテキストが基本。
毎月行う医学部入試そっくりの模試や、担任による丁寧な定期面談、入試問題の分析研究などを通して、受験本番まで受験生に寄り添い続けます。

特徴

3つのポイント
  • 「よき医療人」としての資質を育てる「医のアート」の授業
  • 学問の本質を追求する「授業カリキュラム」
  • オーダーメイドの受験生活を支える、アットホームな「担任指導」
「よき医療人」としての資質を育てる「医のアート」の授業

大学側は「医師の適性」がある受験生を合格させようとして、面接や小論文の試験を行っています。この対策として、YMSでは毎週1回の「医のアート」において講義のほか集団討論や面接を実際に行い、考える力を鍛えていきます。また理科オリンピックに挑戦したり、研究活動や体験学習を通じて、面接や小論文に強くなっていきます。

学問の本質を追求する「授業カリキュラム」

YMSは、1クラス20名前後で行われる集団授業が基本です。テキストは長年にわたり医学部入試を研究してきた講師陣が、入試の日から逆算したカリキュラムに基づき作成しており、無理なく医学部入試に必要な力をつけることができます。また医学部入試そっくりの「YMS模試」を毎月1回実施しています。

オーダーメイドの受験生活を支える、アットホームな「担任指導」

YMSが誇る講師たちが、生徒一人ひとりと定期面談を行い、全教科に応じた学習計画の策定や、毎月の模試や復習テスト、日々の学習ノートのチェックなどを通して、受験生を温かくサポートします。学習状況を具体的に把握し、生徒にとって最適な指導を行っていきます。定期面談は、中だるみの防止や、メンタルサポートの役割も果たしています。

カリキュラム

高卒国公立本科コース
国公立医学部に特化したカリキュラムのもと、私大医学部の旧設校への合格も目標にしています。センター試験をふまえ各教科の学力を高めつつ、志望校に合わせた面接・小論文対策も行います。
必修の授業数を押さえているので、様々な受験の形式に対応できるよう担任による総合的な受験指導が行われ、合格の可能性を高めていきます。

エンマーク 料金:具体的な学費については資料をお送りいたしますので、お問い合わせください。
高卒本科コース
私大医学部をターゲットにしたカリキュラムのもと、国公立医学部への合格も目標にし、科目ごとに学力に合わせたクラスがあります。クラスは、YMS模試の成績をもとに季別ごとに組み替えられるので、競争意識を持って学習ができ、学力を伸ばしながら最適なクラスで学ぶことができます。
YMS模試の成績をもとに、HYPERクラス、JK1、JK2クラスとSTクラスに分けられます。なお、JKクラスは教科・科目ごとにJK1、JK2、STクラスに配置されます(物理と生物はJKとSTクラス)

エンマーク 料金:具体的な学費については資料をお送りいたしますので、お問い合わせください。
高三本科コース
医学部受験は高い学力や人間性が求められる反面、入試制度上で選択肢の多い現役生が有利な点があり、早い段階で学科・面接の対策を講じる必要があります。現役合格を目指す皆さんに、経験豊富な担任講師がきっと大きな力になります。
国語と社会(倫理、政治・経済)の講座を選択授業として開講しています。医学部受験に絞った効率的な対策を講じることで、最小の労力で最大の成果が得られる授業を展開しています。
国公立や私大医学部の推薦入試にチャレンジします。通常授業のほかに大学別の推薦対策講座を受講することができます。

エンマーク 料金:具体的な学費については資料をお送りいたしますので、お問い合わせください。
国公立推薦本科コース
定員:10名
現役生向けの推薦入試はもちろん、AO入試や地域枠などにも対応しています。また、土日を利用しての集中指導やメールやFAXなどによる添削指導など、定期的な通塾が難しい生徒への指導も行っています。
開講期間:6月以降(受験年度生に限る)
指導内容:面接対策(個人・集団、模擬練習)、願書作成、小論文、学科対策など、YMS専任講師が担任となり受験校の入試傾向に合わせた指導を行います。
・学習状況や受験校の選抜形式などをふまえ、学習計画を立てます。
・月2回(各1時間)の個人指導が基本となります。(入試直前には月2回以上の指導を行う予定です。)
・「夏期面接対策講座」を受講していただきます。[個人面接] [集団面接] [集団討論]
※受講条件として学科試験(英語・数学・理科2科目)および面接、または書類審査・面接を受けていただきます。

エンマーク 料金:具体的な学費については資料をお送りいたしますので、お問い合わせください。
私立推薦本科コース
私立推薦本科コースは、私立大学医学部の推薦合格を目指し9月から開講する推薦入試に特化した対策講座です。コースはさらに大学別に分かれて学科(適性)試験、面接対策、小論文、願書添削指導など、各大学の推薦試験に合わせた対策を実施します。

【1】 全大学の推薦入試に対応
小論文、面接試験といっても大学ごとに内容や形式は異なり、さらに公募、指定校、地域枠など受験形態に応じた対策が必要です。YMSでは各大学に特化した指導を行います。
【2】 願書添削指導
願書は合否を左右する重要なポイントです。一人ひとりの個性を生かし、合格を近づける添削と作成指導を行います。
【3】 蓄積されたデータ
開示情報の少ない推薦入試において、豊富なデータを持つYMSではどこよりも的確な対策を実施できます。それにより毎年多くの合格者を輩出しています。

エンマーク 料金:具体的な学費については資料をお送りいたしますので、お問い合わせください。
Spireコース(中3〜高2)
定員:30名程度
Spireコースは1講座からの受講が可能です。それにより学年の枠を超え、学校の授業進度や科目の得意・不得意など分野別・レベル別の授業で自分に適した学習ができます。
それぞれの分野で多くの問題演習時間を持つことで、より深い学力の定着を目指しています。他にも、夏期・冬期・新学年プレ学期・春期講習など季別講習会で学力を強化することができます。

エンマーク 料金:具体的な学費については資料をお送りいたしますので、お問い合わせください。
外国人留学生コース
資料をお送りいたしますので、お問い合わせください。

YMSでは通常の授業、生徒指導などは全て日本語で行われます。それらについてくることができる十分な日本語能力が求められます。
YMSでは学生ビザの発行を行うことができません。
別途日本語学校に通うなど、ビザを取得したうえでYMSで授業を受ける事になります。昼は日本語学校、午後から夜はYMSで勉強するというプランが可能です。


エンマーク 料金:具体的な学費については資料をお送りいたしますので、お問い合わせください。

合格実績

2022年度医学部入試 合格実績
――――――――――――――――
一次突破451名、最終合格287名!
――――――――――――――――
※全て医学部医学科における合格実績です。
※()内は一次合格者数。

■ 国公立大学、他大学 カッコ内は1次合格

・北海道大学 2名
・東北大学 3名
・筑波大学 1名
・千葉大学 2名
・東京医科歯科大学 1名
・金沢大学 1名
・浜松医科大学 1名
・山口大学 1名
・高知大学 1名
・佐賀大学 2名
・大分大学 1名
・防衛医科大学校 1名(4名)
・自治医科大学(1名)
・産業医科大学 1名(3名)



■ 私立大学 カッコ内は1次合格

・慶應義塾大学 2名(3名)
・東京慈恵会医科大学 9名(11名)
・順天堂大学 12名(32名)
・日本医科大学 12名(16名)
・昭和大学 13名(22名)
・岩手医科大学 15名(17名)
・東北医科薬科大学 11名(15名)
・獨協医科大学 8名(24名)
・埼玉医科大学 9名(18名)
・国際医療福祉大学 14名(19名)
・杏林大学 19名(40名)
・帝京大学 3名(8名)
・東京医科大学 35名(42名)
・東京女子医科大学 12名(21名)
・東邦大学 18名(25名)
・日本大学 12名(19名)
・北里大学 21名(25名)
・聖マリアンナ医科大学 19名(32名)
・東海大学 (4名)
・金沢医科大学 3名(5名)
・愛知医科大学 8名(12名)
・藤田医科大学 8名(8名)
・大阪医科大学 2名(2名)
・関西医科大学 1名(1名)
・近畿大学 (1名)
・川崎医科大学 2名(3名)
・久留米大学 1名(1名)
・福岡大学 (1名)

合格者の声

生徒のアイコン 順天堂大学医学部 進学 三箇島 花南さん
YMSは、とにかく先生と生徒の距離が近く、いつでも個別の質問に対応してもらえたり、相談に乗ってもらえたことが有難かったです。YMS生は、全員医学部志望なので、お互いに高め合うことができ、とても良い刺激をもらいました。数ある中で私がYMSで良かったと思う点は、担任制度です。週に1回担任の先生と面談を行い、1週間で取り組んだ内容と反省をすることにより次週やるべきことを明確にできました。その結果、常に目標を見失わずに学習ができました。また、面接にとても不安を感じていましたが、夏期と入試直前期に行われる二次対策講座を通して、しっかりと練習ができ、本番も落ち着いて面接に臨むことができました。
生徒のアイコン 東京慈恵会医科大学 進学 中丸 七海さん
今年は、本当に限界まで頑張り、良い結果を出せました。それができたのは、毎週の面談で勉強の進捗を見てもらい、サボることができなかったからです。私は、二次試験がすごく苦手でした。それでも合格できたのは、一次試験の点数が良かっただけでなく、二次試験対策をYMSで徹底的にやったからだと思います。
「この大学に行きたい」という強い気持ちがあれば、二次試験対策にも力が入ります。一次合格は、最低でも4校を目標に頑張った方がいいです。あとは、YMSでの対策でなんとかなります。
生徒のアイコン 慶應義塾大学医学部 進学 清水 舞さん
YMSに入りたての頃は、まだ、明確な進路が決まっておらず、担任の小柴先生と相談して東大の推薦を目指した時もありました。TOEFLのために猛勉強したり、読書をして医学を学んだりした経験が私の目指す医師像をつくりあげ、その後の勉強の励みになりました。オンライン授業でも添削してくださる先生、話しかけてくれる先生もいて、モチベーションが高まりました。担任の小柴先生もモチベーションを高めてくださり、分からないことは何でも教えていただけたので、私立医学部の情報の少ない公立高校に通っていた私でも安心して受験ができました。
生徒のアイコン筑波大学医学群 進学 I.S.さん
YMSでは担任がつき、学習計画から面接・小論文の対策までしてくれました。特に面接対策では、典型的な質問とその模範解答例をただ覚えるのではなく、質問の意図や医療人に求められる基本的資質について教えてもらい、実際の医療現場での課題とそれを解決するために大学が必要とする人材について正しく理解できました。そのため、準備していなかった質問に対しても本番で臆することなく、自分の頭で考えて答えることができました。
生徒のアイコン北海道大学医学部 進学 K.H.さん
二次試験対策で実況中継を読んで行ったら、ほとんどそのまま聞かれる面接もあり、緊張しすぎずに面接に臨めました。小論文も対策と同じようなテーマが本番で出題されたので、冷静に解答できました。そのおかげで合格できました。
受験を通して、どんなに終わりが見えなくても、必ず終わりが来ると分かりました。だからこそ、1日1日を大切に後悔のないように頑張ってほしいと思います。

校舎所在地

医学部専門予備校 YMS
〒151-0053
東京都東京都渋谷区代々木1-37-14
JR・都営大江戸線 代々木駅、小田急 南新宿駅どちらの駅からも徒歩3分

写真

  • 写真をすべて表示