お知らせ|医学部予備校ナビ

四谷メディカル 四谷メディカル

1年で医学部合格に可能なレベルに引き上げます!

  • 四谷メディカルの写真1
  • 四谷メディカルの写真2
  • 四谷メディカルの写真3
入学可能エリア
全国から入学可能
対象学部
  • 医学部
サポート対象
高校3年、大学生、浪人生、社会人
授業形態
予備校/学習塾
学費の目安
業界初!!学力に応じて受講費用を予算化し、予備校に通う受講生に無駄な学費を払わせません

【a】偏差値40~55程度:5,400,000円

【b】偏差値55以上:3,800,000円

【c】直近に医学部1次試験合格実績があり:3,150,000円

※①~③には入学金・教材費・指導料が含まれています。
※消費税や任意での季節的講習は含みません。

【先着定員36名】入塾テストなし!四谷メディカルは、医学部合格のためだけの学習環境を提供し、医学部受験を知りつくした講師陣が科学的方法で合格させます。

30年以上の長きに渡り医学部受験に携わり、「指導した生徒は必ず志望校に合格させる」という信念を元に医学部予備校四谷メディカルは誕生しました。

専属担任(ラボラトリー方式)を導入している四谷メディカルは、専任担任が一人ひとり学力に応じて学習配分や演習、課題などを指導します。学力レベルに合わせた教材や指導内容で、受講生の貴重な時間を無駄にしません。
また、講師と受講生が近い環境にあるので、勉強、メンタル面で「誰かに相談したいけど相談しにくい」などの悩みも、気軽に相談できます。

学費については、医系予備校にありがちな不明朗な費用の発生を避けるため、学力に応じた費用を設定。必要最低限の費用で、受講生を医学部合格に導きます。

特徴

無駄な授業は行わない

医学部入試に必要な授業以外は行いません。
なぜなら、多くの授業を受けることにより受験生自身のモチベーションを奪いかねないからです。
入試に的を得た勉強をすれば、限定的な勉強でも問題はありません!

演習に使う時間は他の予備校の4倍以上

医学部入試では、各大学の傾向やその年ごとに入試問題の傾向が異なります。
医学部受験独自の必須問題もあります。
これに対応できる力がないと合格への道は厳しいものになります。
そこで四谷メディカルでは、医学部受験必須の問題の演習にかなりの時間を使い、合格に導きます。

一人の指導教官が全科目の学習計画を管理

四谷メディカルの講師陣は、全員が医学部に合格できる力があります。
講師は、自分の専門科目だけではなく全科目を理解しているので、受講生一人ひとりに合った学習配分を考え演習や課題を出します。
そのため、大量な課題に追われることはなく、本来の受験勉強に専念できます。

カリキュラム

aコース
偏差値が40~55で、現時点で医学部合格が厳しい受験生を、1年で医学部合格可能な学力に引き上げます。

♦ 料金:5,400,000円/入学金・教材費・指導料(個別指導含む)全て込み
bコース
偏差値55以上で、医学部1次試験合格経験がない受験生を1年で医学部合格可能な学力に引き上げます。

♦ 料金:3,800,000円/入学金・教材費・指導料すべて込み
cコース
直近に医学部1次試験合格実績があり、東大理Ⅲ、国公立大医学部、慶應医学部など第一志望合格したい受験生を1年で志望校合格可能な学力に引き上げます。

♦ 料金:3,150,000円/入学金・教材費・指導料すべて込み

合格実績

【2019年正規合格】


聖マリアンナ医科大学正規合格

北里大学医学部正規合格

東邦大学医学部正規合格

日本医科大学医学部正規合格

東京女子医科大学医学部正規合格

東京医科大学医学部正規合格

久留米大学医学部正規合格

東海大学医学部正規合格

日本大学医学部正規合格


【2019年補欠】


慶應義塾大学医学部補欠

久留米大学医学部補欠

福岡大学医学部補欠

日本大学医学部補欠

川崎医科大学医学部補欠

北里大学医学部補欠

愛知医科大学医学部補欠


予備校からのお知らせ

校舎所在地

医学部予備校四谷MEDICAL
〒102-0084
東京都東京都千代田区二番町11-6 番町YMビル1階
東京メトロ有楽町線「麹町駅」より徒歩1分

写真