お知らせ|医学部予備校ナビ

医学部予備校FAQ 医学部予備校FAQ

面接においてよく聞かれる質問事項を教えてください。

  • 面接がある理由は、医療人として相応しい人物かどうかという学力以外の人間性や人とコミュニケーションできるかどうかといった適性を見極めるためです。受験生本人の過去(医師を目指したきっかけ、部活や生徒会等の学校内外での活動)、現在(医師志望理由、性格・自己分析、大学の志望理由)、未来(理想の医師像・将来像、入学後の学生生活)、社会・医療情勢に関する知見といった質問がよく聞かれます。それらを通して、「医師になろうとする意欲が十分か」「医師になるために必要な資質があるか」が試されています。

  • その大学への志望動機、医師になりたい動機。高校時代の生活の様子。

  •  

    「なぜ医師になりたいか?」、「なぜその大学を受けるのか?」、「将来どんな医師になりたいか?」が面接でよく聞かれる3大質問です。

  •  

    本学志望理由・医学部志望理由・大学でやりたいこと・自分の長所短所・高校時代の生活・家族構成・最近気になるニュース・浪人生活はどうか・得意科目・不得意科目・人生で嬉しかったこと悲しかったこと・併願校・最近読んだ本・尊敬する人

  •  

    今までで一番頑張ったこと。長所と短所。医師志望理由や本学志望理由は定番なので、近年ではあまり聞かれません。

  • 医師を目指す理由。医学部志願理由。高校時代の活動について。~大学志望理由。最近気になったニュース。地域医療について。~県の魅力。 浪人生活について。無医村について。再生医療について。老人医療と尿に医療について。何科の意思になりたいか。少子高齢化社会について。 研究医と臨床医について。自分の長所と短所。最先端医療について。医師の理想像について。尊厳死について。臓器移植について。介護問題について。 学科試験の出来について。

     

  • 志望動機(医師・本学)

  • 医者を目指す動機、モチベーションをよく問われます。面接官は、受験生が医学部入学後6年間、継続して授業に出られるかどうか、を見極めようとしています。6年間継続するにはやはり、しっかりとした動機が必要となります。

医学部予備校を探す方はこちら

サポート対象
形態
特徴

関連のFAQ