お知らせ|医学部予備校ナビ

医学部予備校FAQ 医学部予備校FAQ

医学部受験専門で指導する講師にはどのような人たちがいますか。

  •  

    医学部専門予備校の中でも最も伝統ある予備校の1つである当学院には、医学部を中心とする医系大入試に精通した講師の中でも特に実績・実力に定評のある講師が結集しています。長い指導経験の中で、各大学の入試傾向や問題分析にも精通するとともに、様々なタイプの生徒を合格させてきたという経験の豊富さが、高い合格率を出しています。更に、各教科で医学部受験に的を絞った指導方針を定め、生徒の皆さんの指導にあたっています。

  •  

    まず、とても優しいです。勉強面はもちろんですが、時には一緒に食事をしたりしながら相談にのったりと、勉強以外についても親身になって生徒に向き合っています。また、こちらが忙しそうにしていると、生徒にとっては”話しかけにくい”、”今は迷惑かもしれない”と感じさせてしまうと思います。たとえどんなに忙しい時でも、生徒第一に過ごしていきたいと考えています。

  •  

    基本的に医学部受験に特化した専門家が多いです。

  • こちらは他の医学部受験予備校のように学生の講師はいなくて、医学部受験に精通して、毎年医学部志望の生徒を10~15人程担当している合格実績も豊富な超一流プロ講師になります。教科指導だけでなく、勉強・復習の仕方など手取り足取りの指導も出来て、受験校の進路相談も行う担任としての役割も果たしています。

  •  

    東京大学大学院卒数学科 『大学への数学』執筆者 医師・医学部受験で著しく実績を残している講師を厳選スカウトしています。

  •  

    何十年と医学部受験生や医系の受験生を指導してきたベテランの講師陣です。出題傾向も把握しているので、どの大学がどういう出題をするかなど、お気軽にご質問ください。

  •  

    PMDでは質の高い講師が集まっています。通常医学部専門に限らず予備校講師は、ほとんどが業務委託契約を結んでいます。彼らの収入は不安定な上、何かあった時の保障は皆無です。厚生年金にも加入していませんので、高齢になっても家庭教師などを続けざるを得ない状況にあります。また業務委託という契約の性格上、予備校側は授業内容に関して指示することは法律上できません。授業は完全に講師任せになっています。これではいい授業は提供できませんし、そもそも業務委託ではいい人材が教育の業界には集まりません。PMDではこのような業界の慣習を改め優秀な講師を採用するために、講師とは一般雇用契約を結んでいます。講師には有給休暇があり、勤務時間に応じて雇用保険、社会保険がつきます。PMDでは、講師のみならず講師の家族も安心してもらえるようにとの思いを持っています。そもそも医学部予備校が、社会保障制度を否定するようなことはしてはいけないという信念もあります。ゆえにPMDでは教務力だけではなく社会的な常識を持った講師が集まっています。

  • 全国一になった先生、著書で有名な先生方、生徒たちから本当に高い評価をもらっているベテラン講師陣と、実績のある医学部の学生が皆さんの指導に当たっております。
    この講師陣が私たちの自慢です。

     

  • 全員医学部専門のプロ講師です。

  • メルリックスの講師は全員がプロであり、学生講師はいません。私立医学部に精通した経験豊富な講師陣が、生徒一人ひとりに合わせた指導を行っています。

  • 講師は一般の予備校を経験した上で、医学部に特化して医学部の入試に対応できるようになります。そうした講師が指導しています。

  • 講師陣は東大出身、博士号取得者といった学問に優れた講師、一方で面倒見が良く、受験に精通しコツを熟知している講師、この2つのタイプの講師によって構成されています。