医学部予備校navi

医学部受験ナレッジ 記事一覧

比例する学費と学習環境。医学部予備校の学費は高いのか…?

比例する学費と学習環境。医学部予備校の学費は高いのか…?【PR】

医学部向けのコースを設けている大手予備校と、医学部受験に特化した予備校は、どちらを選んだ方がいいのか。これは医学部合格を目指す多くの受験生が最初に悩む問題かもしれません。

中学から始まる医学部受験

中学から始まる医学部受験【PR】

医学部受験に関しては様々な準備を必要としますが、あまり早い時期からですと無理や無駄が生じてきます。しかし中学くらいからであればメリットはあってもデメリットはほとんどありません。いかに中学から準備を始めた場合のメリットをご紹介していきます。

1年間で医学部合格を可能にする、東京メディカル学院の指導スタイル。

1年間で医学部合格を可能にする、東京メディカル学院の指導スタイル。【PR】

東京と名古屋に校舎を構えている、医系専門予備校『東京メディカル学院』。 同校の特徴は、生徒1人ひとりに異なる指導をしていることです。その理由は、授業の理解速度、記憶定着レベル、応用する発想力がみんな違うから。こうした生徒の特性を見極め、能力を最大限引き出す親身な指導を実践するため、同校は「定員制」を採用しています。

合格への扉を開く、メルリックス学院の「生徒第一主義」。

合格への扉を開く、メルリックス学院の「生徒第一主義」。【PR】

1999年の設立以来、“生徒第一主義”を貫いてきた『メルリックス学院』。医歯専門予備校として東京と福岡に2校を展開していますが、その2校で昨年度は230名が私立医学部に合格しています。(2018年4月に大阪校開校) 合格率が高い理由は、私立医学部に特化し、先生にいつでも気軽に質問できるアットホームな学校づくりに力を入れてきたから。その結果、同校では医学部に合格した卒業生が在籍大学に関する情報を届け、大学側も「こんな生徒に来てほしいが、入試をどう変えるべきか」とアドバイスを求めるほどになっています。

私立大医学部の受験校選択について

私立大医学部の受験校選択について

私立大医学部を受験する生徒の悩みの一つは、どの大学を受験するか、ということでしょう。第1志望・第2志望の大学はあっても、難関である医学部の受験を考えると、3校以上の大学をする生徒の方が圧倒的に多いと思います。私立大医学部の受験校選択について、2019年度入試日程と入試日程等の調べ方等をご紹介します。

受験生の心強い味方。最良のサポート&学習環境!東京メディカル学院

受験生の心強い味方。最良のサポート&学習環境!【PR】

医学部受験は、その難易度の高さから「多浪するのが当たり前」と言われるような状況です。しかし、長く勉強を続ければ続けるほど次第にモチベーションは下がるもの。『東京メディカル学院』では徹底した生活管理を行い、良質な学習環境を提供することで受験生の早期医学部合格を後押ししています。

地元・横浜から、真心指導で医学部受験にサプライズを起こす!横浜予備校

地元・横浜から、真心指導で医学部受験にサプライズを起こす!【PR】

大学受験の中で、最も難易度が高い医学部受験。その難しさゆえ、「医学部専門予備校や個別指導塾に通った方が学力アップにつながり合格の可能性が高まるのではないか」と考えている方も多いと思います。そんな医学部予備校の中で異彩を放っているのが、地元・横浜にしかない『横浜予備校』です。

「全寮制」の医学部予備校、太宰府アカデミー

合格判定に惑わされない!模試の有効活用【PR】

受験生のほとんどは、所属している高校や予備校で「全国模試」を受験していると思います。ここで言う全国模試とは、ベネッセや河合塾、駿台予備校等で実施されている申し込めば受験生誰でも受験することのできる対外模試のことです。受験生のほとんどが受験しているのに、その模試を有効活用できている受験生は非常に少ないような気がします。今回はその模試の活用法についてご説明します。

大学生・社会人から、もう一度“医師”を目指す!< メルリックス >

大学生・社会人から、もう一度“医師”を目指す!【PR】

 近年、大学生や社会人になってから「やっぱり医師になりたい」と医学部を再受験する人が増えています。 大学生の場合は「他の学部に行ったけれど、もう一度医学部に挑戦しよう」と思い直し、社会人の場合は「さまざまな経験を積む中で改めて医師を志す」場合が多く、東京・渋谷にある医歯専門予備校『メルリックス学院』ではそうした再チャレンジを歓迎。これまでも多くの再受験者を合格に導いてきました。

対話から浮かび上がる、医学部合格への道< 翔進予備校 >

対話から浮かび上がる、医学部合格への道【PR】

 徹底的な「対話」を通して現在の学力から志望校に多くの生徒を合格へと導いてきた 翔進予備校 。今回は、対話がもたらすものや長年の経験に裏打ちされた医学部合格へのメソッドを同校で化学を教え、校長も務めている深水先生に伺いました。