医学部予備校navi

北海道大学 医学部 医学科

基本情報

明治9年8月に札幌農学校として発足後、明治40年6月に東北帝国大学農科大学と改称されました。大正7年4月、北海道帝国大学が設置されて新たに医学部が設置され、東北帝国大学農科大学は北海道帝国大学農科大学(現農学部)となりました。昭和22年10月、帝国大学官制を国立総合大学官制に改められたことで、北海道帝国大学は北海道大学に改正。その後平成16年4月に、国立大学法人となりました。

区分
国立
設立年度
1918年

基本情報

北海道大学は「フロンティア精神」、「国際性の涵養」「全人教育」「実学の重視」という基本理念を掲げています。研究においては、創造性豊かな研究の推進と、大学院組織等の柔軟な展開を通じて研究教育機能を発展させ、世界水準の研究の推進を目指しています。また、異文化理解能力を養い、学生及び教職員の国際性を涵養し、海外留学・研修の機会を拡大するとともに、外国人研究者・留学生の受け入れを積極的に推進し、世界の人々との文化的・社会的交流を図っています。豊かな人間性と高い知性を涵養する幅広い人間教育を進めながら、北海道の特性を生かした学問の創造を推進するとともに、産学官の連携協働の拡大を通じて、研究成果を世界に還元し、大学院における高度な専門家及び職業人の養成並びに社会人教育の充実に力を入れています。

校舎情報

キャンパス名
住所
アクセス
電話番号
札幌キャンパス
〒060-0808
北海道札幌市北区北8条西5丁目
・JR札幌駅より徒歩約10分
・地下鉄 北12条駅より徒歩約5分
・バス 北大正門前下車
011-716-2111
函館キャンパス
〒041-8611
北海道函館市港町3-1-1
・JR函館駅からバス(約20~30分)北大前下車徒歩2分
・JR七重浜駅から徒歩約20分
0138-40-5505

北海道大学 医学部 医学科の詳細

6年一貫教育制で、医学教養、基礎医学Ⅰ、基礎医学Ⅱ、臨床医学、臨床実習の5コースからなります。他人の痛みが理解できる温かな思いやりの心と病める人を包容できる大きな心を備え、正確な知識に裏打ちされた思考力、応用力、および批判力を身に着ける教育を行っていきます。本学部卒業生の多くが臨床研修後に進学する北海道大学大学院医学研究科は、次世代の医学・医療の発展を担う優れた人材を育成しています。各研究棟、医学部同窓会館「フラテ」、医学部図書館など、充実した環境の下で学究生活を送ることができるようになっています。

教員数
客員教授:4名/客員准教授 3名/教授:39名/講師:17名/准教授:23名/助教:63名/助手:3名/特任教授:24名/特任准教授:11名/特任助教:33名
学生数
1年次:3名/2年次:315名/3年次:310名/4年次:289名/5年次:113名/6年次:99 名/計:1,129名)(男子660名/女子469名)
国家試験合格状況
第105回医師国家試験の本学部の合格状況は、受験者104名中99名合格、合格率95.2%。
23年度の合格率は新卒が全国平均を上回り、全国医学部の80学部中15位。

新卒 受験者98名中95名合格/合格率96.9%
既卒 受験者6名中4名合格/合格率66.7%
合計 受験者104名中99名合格/合格率95.2%
卒業後の進路
卒業後の進路は、1)研究者、教育研究指導者、2)臨床医、専門医、3)行政職などですが、特に1)と2)は、大学と関連して学び、卒業後10年は基本的学習が続きます。
研究者、教育研究指導者、能力ある専門医となるためには、大学院に入学し社会的に能力ある専門医として活躍するための研究能力を修練します。卒業後の臨床研修、大学院に対しても、大学院生、研修生の学習目標に沿ったカリキュラムを用意しています。

学費

学納金
■入学料 282,000円
■授業料 267,900円(前期)・267,900円(後期) 【入学料・授業料とも平成21年度額】
 授業料は、年額を前期(5月)と後期(11月)とに分けて、2分の1ずつ納入することとなります。
初年度学費
817,800円
学費総額
3,496,800円
寄付金・学債
奨学金・授業料免除
■入学料・授業料の「免除」「徴収の猶予」について
・入学前1年以内に、学資負担者が死亡又は本人若しくは学資負担者が風水害などの災害を受け、入学料の納付が著しく困難であると認められる学生に対しては、入学料の全額又は半額を免除する制度があります。
・経済的理由により入学料の納付期限までに入学料の納付が困難、かつ、学業優秀と認められる場合、若しくは前述理由により入学料の納付期限までに入学料の納付が困難である場合、入学料の徴収を猶予する制度があります。  
・経済的理由により、授業料の納付が困難、かつ、学業優秀と認められる学生又は申請前6か月以内(新入学生の前期分においては入学前1年以内)に、学資負担者が死亡又は本人若しくは学資負担者が風水害などの災害を受け、授業料の納付が著しく困難であると認められる学生に対しては、授業料の全額若しくは半額を免除又は徴収を猶予する制度があります。

■奨学金について
取扱い:日本学生支援機構、民間奨学団体、地方自治体等の奨学金
奨学金は種類によって、返還義務のある「貸与」及び返還義務のない「給与」とに分けられます。

日本学生支援機構は、国の育英奨学事業を行っている団体で、人物・学業ともに優秀かつ健康であって、経済的理由により修学困難な方に、学資の貸与を行っています。北海道大学学部学生の約35%が貸与を受けています。

■日本学生支援機構奨学金種別及び月額
・第一種(無利子)
 自宅通学者…45,000円、自宅外通学者…51,000円(平成22年度入学者実績)、及び、30,000円(自宅通学、自宅外通学共通)のどれかを選択。
・第二種(有利子…卒業後年3%上限)
 3万円、5万円、8万円、10万円、12万円から選択(必要に応じて変更可能)