医学部予備校navi

明治薬科大学 薬学部 薬学科

基本情報

明治薬科大学は1902年に創立し、2006年には6年制の薬学科と4年制の生命創薬科学科を併設し、創薬研究・医薬品開発を担う質の高い人材の養成のため、2010年度には大学院薬学研究科生命創薬科学専攻修士課程を設置、2007年4月には、認定薬剤師研修制度をスタートさせています。地球環境問題にも積極的に取り組み、2007年、環境マネジメントシステムの認証を取得し、2010年には更新しています。

区分
私立
設立年度
1949年

基本情報

明治薬科大学は、1902年創立以来100年以上に渡る輝かしい歴史と伝統を誇り、創学者恩田重信先生の「社会に薬学を普及して、医薬分業を実施し、もって人々の健康を支える人材の育成」を教育方針に、今日まで医療現場のリーダーとして活躍する数多くの優秀な薬剤師を育成しています。近年、多様化する医療現場において薬剤師の活躍する舞台はますます広がり、より高度な専門性が要求されています。このような社会のニーズにともない、2006年から薬学部に6年制学科の薬学科と4年制学科の生命創薬科学科を併設しました。薬剤師国家試験では7年連続、90%以上の合格率(新卒)を保ち、就職率ランキングでも薬学系トップクラスにランクされるなど高い評価を受けています。学生一人ひとりを大切にする伝統が息づく、best value, best buyの薬系大学です。大学に求められている国際化、社会貢献や生涯教育に対しても積極的に取り組み、海外14大学と大学間学術協定を締結し、教員や大学院学生の相互交流を実施。また、薬系大学で初のアジア・アフリカ創薬研究センターを設立し、アジア諸国と創薬基盤形成事業を展開しています。

校舎情報

キャンパス名
住所
アクセス
電話番号
清瀬キャンパス
〒204-8588
東京都清瀬市野塩2-522-1
・JR 武蔵野線「新秋津」駅下車(徒歩17分)
・西武池袋線「秋津駅」駅下車(徒歩12分)
042-495-8611

明治薬科大学 薬学部 薬学科の詳細

薬学科の教育目標は、医療技術の高度化、医薬分業の進展などに伴う医薬品の適正使用といった社会のニーズに応える質の高い薬剤師の養成です。科学の基盤をしっかり持ち、基礎薬学と応用薬学の広い知識と医療人としての強い倫理観を身につけた薬剤師の育成のため、基礎教育だけでなくコミュニケーション能力を養う実習を行っています。特に希望進路にあわせて4~6ヶ月間の実践的な実習や研修が受けられる7コースの本学独自の研修カリキュラムを設定し、実践的な薬物治療学やコミュニケーション能力を身に付けます。さらに、5年次後期には希望進路に即した7コースの独自カリキュラムを設定しています。

教員数
学長:男1名・女0名 計1名/ 教授:男35名・女5名 計40名/ 准教授:男20名・女2名 計22名/ 講師:男12名 女8名 計20名/ 助教授:男6名 女4名 計10名/ 助手:男2名 女5名 計7名/ 合計:男76名 女24名 /計100名
学生数
在籍学生数
・薬学科 男763人/女1155人 計1270人
・生命創薬科学科 男159人/女115人 計274人
合計 男922人/女1270人 計2192人
国家試験合格状況
薬剤師国家試験には、きめ細やかな試験対策と徹底サポートにより、毎年高い合格率を保ち続けています。 特に、新卒者の合格率では、7年連続90%以上を達成しました。
2011年の薬剤師国家試験は、旧課程(4年制)薬学部卒業者を対象に実施され、本学は、合格者数39名、合格率54.93%(全国平均44.44%)という結果でした。
●合格者数
総数(新卒+既卒)389人/新卒 342人
●合格率 (61大学中)
総数(新卒+既卒)86.25%(12位)/新卒 91.20%(15位)
●全国の合格率
総数(新卒+既卒)74.40%/新卒 84.83%
(2009年・第94回)
卒業後の進路
参考:旧課程 薬学部学部生 進路就職分布 ](平成21年3月卒業)
●卒業者数 375人 男176人 女199人
●就職者数 289人 男114人 女175人
薬局158人/病院62人/企業54人/公務員9人/病院研修生4人/その他就職2人
●進学者数 78人 男 58人 女 20人
・本学大学院 67人
・他大学大学院 11人

学費

学納金
学費 合計 2,290,000円
●入学金 400,000円
●授業料 1,340,000円
●施設設備資金 550,000円
委託徴収金 合計 37,500円
●後援会費 30,000円
●学生自治会費 7,500円
初年度学費
2,290,000円
学費総額
12,277,500円
寄付金・学債
明治薬科大学基金
●事業計画・使途
1.修学支援(学部生に対する奨学支援、大学院生に対する奨学支援等)
2.国際交流支援(外国人留学生に対する奨学支援、留学生受け入れ施設の整備等)
3.施設整備(教育・研究環境の充実、学生寮等施設環境の整備)
4.アメニティの向上(サークル活動の支援、エコ活動の推進等)
5.地域・社会への貢献(公開講座・講演会等の開催)
6.その他基金の目的に沿う事業
●募金対象者
卒業生・大学院修了生、在学生の保護者、教職員、本学と縁故のある方等目的にご賛同いただける個人及び法人等(企業・団体)
●募金額
10,000円以上 (できるだけ毎年のご協力をお願いいたします。)
奨学金・授業料免除
本学独自の奨学金
●特待生制度
入学試験の成績上位者に対して1年次の授業料を免除する制度。
1.B方式前期・編入学・推薦入学者特待生選抜試験合格者のうち成績上位者について、薬学科10名、生命創薬科学科3名を入学特待生Aとして初年度授業料全額[薬学科1,340,000円、生命創薬科学科1,100,000円]を免除します。
2.B方式前期・編入学・推薦入学者特待生選抜試験合格者のうち上記①に次ぐ成績上位者について、薬学科10名、生命創薬科学科2名を入学特待生Bとして初年度前期分授業料[薬学科670,000円、生命創薬科学科550,000円]を免除します。
●明治薬科大学奨学費
成績優秀、心身健全かつ向学心旺盛な学生に奨学費20万円を年1回支給。
2010年度は1年~4年 各18名、5年15名の計87名に支給。
●TA(ティーチング・アシスタント)・RA(リサーチ・アシスタント)制度
TA制度は、大学院博士課程(前期)の学生が学部学生の教育補助業務に従事すると年額16万円を限度に支給。
RA制度は、博士課程(後期)の学生が研究プロジェクトで研究補助業務を行うと年額120万円を支給。
●学費納付猶予について
学費の納付について、納付期限までに学費の納付が困難であると認められる場合、納付を3ヶ月間猶予されることがあります。
●学費融資
予期せぬ事情等で学費の納入が困難になった学生には、大学と信販会社とで提携している学費融資制度(学費サポートプラン)があります。
●明治薬科大学提携学費立替制度
本学では、株式会社オリエントコーポレーション(以下、オリコ)と提携し、学費(委託徴収金を含む)の納入の際に利用できる『学費サポートプラン』をご案内しております。